ごあいさつ 学術たより 研究者派遣 学術振興会 我ら同窓生 本部同窓会 ブック紹介 会員ページ
学術たより
研究者派遣
学術振興会
我ら同窓生
本部同窓会
各種書類
逝去通知
クラス会たより
OBたより
九州歯科大学
学生自治会
会員ページ
マックページ

privacy policyuniversal accesslink listmembers onlycontact usget quick timemade on mac
生涯研修セミナー 24年度テーマ決定しました。

【お申し込み方法】  官製ハガキまたはfaxにてご希望のセミナー、住所、おなまえ(漢字とローマ字)、電話番号、出身大学吊と卒業年度をお書きの上、下記の同窓会事務局までお申し込み下さい。

また、このHP上からもオンラインでお申し込み頂けます  →

後日振り込み用紙をお送りしますので、受講料の振り込みをお済ませ下さい。入金をもって参加登録と致します。なお、受講料は返金致しませんので、ご了承下さい。それぞれ定員になり次第、締切らせていただきます。
セミナーの受講申し込みをされた先生には事前にご持参するものの詳細とテキストをお送り致します。

今年の生涯研修セミナーも、大学並びに同窓諸先生のご協力の下、五つの実習コースを開催することになりました。

同窓会セミナーでしか設定できない受講料で、どなたでもご参加できます。

なお、受講料については、九州5大学(九歯大、福歯大、九大歯学部、長大歯学部、鹿大歯学部)の他校同窓会会員と当同窓会正会員医院勤務者の先生方には、優待会員として受講していただけます。
価値あるセミナーへの、皆様のご参加をお待ちしております。

学術常務理事:立和名 靖彦

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2丁目6番1号
tel093-561-5077 fax093-592-3632

24年度生涯研修セミナーご案内
テーマ定員 講師日時場所
外科処置におけるペインコントロールと
リスクコントロール
24椎葉 俊司 先生7/1九州歯科大学
同窓会員:¥20,000円 非会員:¥25,000円 優待会員:¥22,000円 別途材料費:¥5,000円
スプリントに強くなろう30筒井 照子 先生7/28,29東京国際フォーラム
同窓会員:¥40,000円 非会員:¥50,000円 優待会員:¥45,000円 別途材料費:¥16,000円
エムドゲインを用いた再生療法30船越 栄次 先生8/26九州歯科大学
同窓会員:¥20,000円 非会員:¥25,000円 優待会員:¥22,000円 別途材料費:約¥11,000円
インプラントのための骨造成のためのスキルアップ
-GBRとサイナスリフトの基本的外科手技-
30高橋 哲 先生10/6,7九州歯科大学
同窓会員:¥40,000円 非会員:¥50,000円 優待会員:¥45,000円 別途材料費:¥25,000円(GBR顎模型代)
大臼歯の感染根管処置
〜その盲点を探る〜
30下川 公一 先生2013年
2/23,24
岡山県歯科医師会館
(予定)
同窓会員:¥40,000円 非会員:¥50,000円 優待会員:¥45,000円 
平成24年7月1日(日)   場所:九州歯科大学
外科処置におけるペインコントロールとリスクコントロール
講 師 椎 葉 俊 司 先生(生体機能制御学講座 歯科侵襲制御学分野 准教授)

現在、日本における歯科医療は診療技術の向上は言うまでもなく、診療環境としての医療安全や感染予防、安全対策などが進められています。一方、歯科受診患者にも年齢層の変化が見られ、より一層の高齢化が進んでおります。高齢患者には複数科疾患への罹患や既往があり、歯科診療での対応に苦慮することも少なくありません。もともと歯科医療は「痛み」との戦いです。歯科疾患の多くは最初の兆候として「痛み」が出現し、その対処として行う歯科治療も患者の不安を煽り、様々な「痛み」を引き起こします。そしてその「痛み」がストレッサーとなって、重篤な合併症を引き起こす原因となるのです。                                             本セミナーでは、いかに患者を「痛み」から開放し、安全な歯科医療を行うか?をテーマに進めていきたいと思います。基礎編として我々が良く耳にする疾患について、ならびに歯科治療中の「痛み」を防ぐ浸潤麻酔のイロハを抑えて頂き、応用編として、いわゆる心の「痛み」を防ぐ歯科鎮静法について、また不測の事態に陥った時のための一次救命処置についてを実習を踏まえながら解説していきます。いまさら聞けない基礎的なことから、今後身に付けておきたい知識、技術をご提供いたします。         
● 会   費   同窓会会員:¥20,000
         非 会 員:¥25,000
         優 待 会 員:¥22,000
●別途材料費 5,000円
● 定   員   24
セミナー日程
9:00〜12:00 講義
 ・歯周治療時に見られる疾患
 ・浸潤麻酔のイロハ
 ・歯科鎮静法の実際
 ・緊急蘇生
13:00〜15:40 実習
 ・伝達麻酔法
 ・笑気吸入鎮静法
 ・静脈路確保
 ・BLS
15:40〜16:00 質疑応答
平成24年7月28日(土)・29日(日)    場所:東京国際フォーラム
スプリントに強くなろう
〜ストマトロジーの分類に沿ったスプリントの使用法〜
講 師 筒 井 照 子 先生(北九州市開業)

スプリントは非可逆的な矯正装置と同じです。正しく使えば、生体本来の治癒能を引き出してくれます。他に手を加えなくても、生体は全身からよみがえっていきますが、間違って使えば、治しているつもりが、生体を壊しています。
スプリントで全身から壊された方は膨大にいらっしゃるでしょう。
口腔の加齢や崩壊を治癒に向かわせるために、スプリント・床矯正装置を使います。従って、口腔の崩壊・加齢が見えなければ、生体を治癒へ向かわせることは出来ません。
「元に戻す」一つの手札として、種々のスプリント・床矯正装置を考えて来ました。
患者さんは皆さん、いろいろ個体差があります。手札は多い程、治る確率は高くなります。
スマトロジーの分類から連なるスプリントの使用法を御理解いただければ幸いです。

● 会   費  同窓会会員:¥40,000
非 会 員:¥50,000
優 待 会 員:¥45,000
● 別途材料費  計 ¥16,000
● 定   員 30
●持参するもの
「スタンプバー 大(カーブのついたもの 例:コメットカーバイドカッターH251E060)・小(ストレート型 例:コメットカーバイドカッターH79E040)」 
「ビッグシリコン」
「大きめのフィッシャーバーまたはマイティカーバ」(グルービング用)
「咬合紙」「咬合紙ホルダー」
「即重」「即重用筆」「ラバーカップ」「ワセリン」
「白衣」「マスク」「グローブ」「基本セット」
●事前に送っていただくもの
・ペアを組んで相互実習を行いますので御自分の口腔内でされたくない方は代わりの方で、患者さん役の方を同伴して下さい。
その時は模型は必ず患者さん役の方の模型を送って下さい。
・スタディモデル(上、下顎、バイト必要)1つ
・上顎の作業模型二つ
   第二大臼歯後縁、口蓋まで印象がとれておくこと
〈模型送り先〉 ※模型到着日 平成24年6月末日
 筒井歯科・矯正歯科医院
〒807−0825 福岡県北九州市八幡西区折尾3−1−5
TEL 093−601−9728

セミナー日程 《第1日》
14:00〜17:00講義
    ・スプリントの基本的な作用
    ・生体の治癒とは 
    ・加齢・崩壊とは
    ・個体差、ストマトロジーの分類

《第2日》
午前 9:00〜12:00 
講義 ・ストマトロジーの分類に沿ったスプリント各種、    症例
午後 1:00〜15:30
実習 ・ICP及びリラックスポジションのバイトテイキングデモ
    ・スプリント実習  
       スタビリゼイション型スプリント
       改良アムステルダム型スプリント
    15:30〜16:00
    ・質疑応答

平成24年8月26日(日)   場所:九州歯科大学
エムドゲインを用いた再生療法
講 師 船 越 栄 次 先生(福岡市開業)

骨緑下欠?の歯周治療の変遷を考えると、1960年代から80年代ではポケットエリミネーションを行いプラークコントロールをしやすい口腔内環境をつくる切除療法(Resective therapy)が最も予知性の高い治療法として考えられていた。
80年代より細胞遮断膜を用いた再生療法の基礎的研究や臨床治験が始まった。その結果、90年代後半には生物学的再生療法としてブタのエナメル関連タンパク質を用いた治療法が確立された。今日ではこれらの再生療法は予知性をもった治療法の一つとして多くの臨床家によって認知されている。そこで今回、重度歯周炎の症例に対して Enamel Matrix Derivative(Emdogain)を用いて良好な結果を得るための再生療法の手技や概念について考察し、さらに顎模型を用いた実習を行う。

● 会   費  同窓会会員:¥20,000
         非 会 員:¥25,000
         優 待 会 員:¥22,000
● 別途材料費   約 ¥11,000
● 定   員   30
セミナー日程
9:00?12:00 講義
12:00?13:00 昼食
13:00?16:00 実習
平成24年10月6日(土)・7日(日)    場所:九州歯科大学
インプラントのための骨造成のスキルアップ
〜GBRとサイナスリフトの基本的外科手技〜
講 師 高 橋  哲 先生(生体機能科学専攻 口腔顎顔面外科学講座 形態機能再建学分野 教授)

インプラント治療は、乳歯、永久歯に続く第三の歯として、一般歯科治療の中でも急速に普及してきており、日常臨床の中でも上可欠になりつつあります。審美的、機能的に予知性の高いインプラント治療のためには、骨造成は上可欠なものとなりつつあります。本セミナーでは、インプラントの成功の鍵を握る骨造成法のうち、特にGBR法とサイナスリフトを取り上げ、ブタ顎骨(GBR)と模型実習(サイナスリフト、GBR)を通して、基本的手技を習得することを目的としています。またインプラント外科のための診断、治療計画、インプラントの?立の基本についても概説いたします。
※今回のセミナーはゴアテックス社の認定を受けられます。

● 会   費  同窓会会員:¥40,000
         非 会 員:¥50,000
         優 待 会 員:¥45,000
● 別途材料費  ¥25,000(サイナスリストGBR用顎模型代)
● 定   員   30
● 持参するもの
白衣・インプラント外科手術器具一式(メスホルダー・メス刃・外科用ピンセット・剥離子・外科用ハサミ・針・糸・持針器など普段使用しているもの)
サイナスリフト用剥離子
セミナー日程
《1日目》
14:00?16:00 「インプラントおよび骨造成に必要な基本知識」
16:00?18:00 「模型によるインプラントの埋入実習」
18:00?18:30 「質疑応答」
《2日目》
9:00?12:00 「サイナスリフトの講義と実習」
12:00?13:00 「昼食」
13:00?15:30 「GBRの実習」
          模型、ブタ顎骨を使ったGBRとGBRおよびインプラントの埋入実習
15:30?16:00 「総括、総合討論」
平成25年2月23日(土)・24日(日)   場所:岡山県歯科医師会館(予定)
大臼歯の感染根管処置 〜その盲点を探る〜
講 師 下 川 公 一 先生(北九州市開業)

感染根管治療はただ垂直的に根尖まで根管を開けて根充をすれば良いわけではない。特に大臼歯の場合は複根管であるだけではなく、それらの根が根尖部で癒合している樋状根であるケースが大変多いことを知っておく必要がある。近頃、歯内療法の予後がおもわしくないことを主訴として来院される患者さんが少なくない。X線所見では素晴らしい根充がなされているにもかかわらず、根尖や分岐部に病変を発症させている症例に度々遭遇する。その様な場合の治療はいったいどうすれば良いのか。なぜ素晴らしい治療がなされているにもかかわらず根尖病変ができたり、あるいは治らなかったりするのであろうか。又その様なケースに3Mixや水酸化カルシウムの根充剤を使用すればはたして本当に良好な結果が得られるのであろうか。レーザー治療はそれ程有効なのか。様々な疑問をお持ちの先生方も結構多いようである。可及的に健康な歯質を保存しながら複雑な根管を完全に清掃できるような根管形成をする。この原点に従ってもう一度、大臼歯の根管治療を再検討してみると色々な盲点に気がつく。それらの盲点を整理して治療を行ってみると、意外に簡単に根尖病変が消失していくことを経験する。
今回は大臼歯に的を絞り様々なタイプの根尖病変への対応について実習を通して、そのコンセプトを整理してみたい。

● 会   費   同窓会会員:¥40,000
         非 会 員:¥50,000
         優 待 会 員:¥45,000
● 定   員   30
セミナー日程
《1日目》
 14:00?17:00 講義
《2日目》
  9:00?12:00 講義及び
          実習・ビデオ
 12:00?13:00 昼食
 13:00?15:00 実習
 15:00?16:00 講義・質疑応答
privacy policyuniversal accesslink listmembers onlycontact usget quick timemade on mac