ごあいさつ 学術たより 研究者派遣 学術振興会 我ら同窓生 本部同窓会 ブック紹介 会員ページ
学術たより
研究者派遣
学術振興会
我ら同窓生
本部同窓会
各種書類
逝去通知
クラス会たより
OBたより
九州歯科大学
学生自治会
会員ページ
マックページ

privacy policyuniversal accesslink listmembers onlycontact usget quick timemade on mac
九歯大文芸部OB会 in 2011 デジタル九歯大文学第10号
デジタル九歯大文学創刊号 →
デジタル九歯大文学第2号 →
デジタル九歯大文学第3号 →
デジタル九歯大文学第4号 →
デジタル九歯大文学第6号 →
デジタル九歯大文学第7号 →
デジタル九歯大文学第8号 →
デジタル九歯大文学第9号 →
デジタル九歯大文学第10号 →

デジタル九歯大文学 第11号
デジタル九誌大文学第11号
外山知世作品集

目次 ヒーロー
   いとおしき日々
   また、どこかで
   かたつむり
編集後記

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ヒーロー

僕が大人になる頃には
世界はもう少し平和になっているのかな なんて
考えていた自分に苦笑する
僕が僕をやめられないように
世界もあるがままで

白と黒で描かれていた世界は
いつの間にか灰色が増えて
誰が正義かなんて
もう 見分けがつかないんだ

でも そのなかでも ああ
君だけは 僕の正義で どうか
いつまでも僕の白
いつまでも僕のヒーロー
染まらずに

僕が子供だった頃には
世界はもう少し単純でわかりやすかった なんて
そんなわけなかったんだ 最初から
見えなかったものが見えるだけ
世界はあるがままで

単純に見えていた世界は
複雑な裏側を見せて
誰が正義かなんて
もう 見分けがつかないんだ

でも そのなかでも ああ
君だけは 僕の正義で いつも
どうか 君だけは
どうか 君だけは

……………………………………………………………………………………………
いとおしき日々

時を遡る術を持たない僕らは
たまらずに 疾走り出す
錯覚でもいい 相対性理論に乗っかって
この時間が少しでも 長く続くように

永遠を信じていた僕らは
歌い 笑い 涙して
明日も明後日も こんな日々が続くと
疑いもしなかった

時は流れて 季節は巡り
信じていた「永遠」は
痛みを伴って 別れを告げる

だけど

永遠は確かにあったんだ
離れていても いつもそこに
君を あなたを 想う気持ちが
ここに確かに 形作るんだ
そう だから

振り返れば そこに
横たわる いとおしき日々

……………………………………………………………………………………………
また、どこかで

天国ってあるのかな
あったとして
君にもう一度 出逢えたとして
"君だけを愛してる"
なんて
言えないかもしれないけれど

僕は生きるよ
君が火をつけた この命を
君が見るはずだった 全てを
君が掴むはずだった 全てを

天国でもしも逢えたら
逢えたとして
君ともう一度 恋に落ちてさ
"君だけを愛してる"
なんて
言えるのか解らないけれど

僕は弱くて 君は強くて
僕は臆病で 君は輝いていた

僕は歩くよ
君が切り開いた この道を
君が聴くはずだった 全てを
君が触れるはずだった 全てを

天国ってあるのかな
あったとして
君にもう一度 出逢えたとして
君は僕だって気付く?
だって
僕はきっとおじいさんだよ

だってね
僕は生きるよ
君が火をつけた この命を
君が味わうはずだった 全てを
君が流すはずだった 涙を
君の分まで

…………………………………………………………………………………………
かたつむり

耐えられなかった
与えるばかりで 満たされることのない心は
ぼろぼろに崩れて 砂になって消えた
だから もう
あなたに注ぐ 心はないの

辛くてたまらなかった
いっそ憎めたら どんなに楽か
嫌いになることさえ できなくて
だけど もう
これ以上 想うことはない

知らなくていい 私の心を
壊したのはあなただと

知らなくていい 私の心は
あなたを愛していたと

知っていてほしい 私の心が
あなたを憎んでいるのではないと

逃げることばかり考えていた
小さな幸せから 目を背けて
だけど耐えられなくて 辛くて
そうよ もう
限界なの 消えてしまいたい

見返りを求めていたとか
もうすこし頑張れたとか
自分の弱さは 知っているけど
自分の甘さは 感じているけど
本当に もう だめだった

耐えられなかった
与えるばかりで 満たされることのない心は
ぼろぼろに崩れて 砂になって消えた
だから もう
あなたに注ぐ 心はないの
あなたを想う 心はないの

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
<編集後記>
今回は「デジタル九歯大文学」をご覧に成られ、ご連絡を戴いた学部学生の外山知世さんの作品を掲載しました。
フレッシュで瑞々しい作品です。
短編小説も執筆中とか。次回作が楽しみです。

<お知らせ>
* 文芸部OB会では現役学生諸君の新作による参加を歓迎します!!
作品を読まれた感想もお待ちしています。
本部同窓会経由のメールでご連絡下さい。
編集担当 倉沢良典(大21期)

<デジタル九歯大文学 バックナンバー>
創刊号 久保悦子詩集「やすらぎ」
第2号 青柳雄一郎選集
第3号 松尾芳樹「島へ!」
第4号 山地直樹詩選集
第5号 欠号
第6号 倉沢良典作品集「中澤少尉と天山号」
第7号 古田正彦詩選集
第8号 菊池玄洋詩選集
第9号 松井正詩選集
第10号 九州歯科大学文芸部小史
第11号 外山知世作品集

九州歯科大学文芸部OB会
呼びかけ人:松尾芳樹(大16)
稲井 徹(大16)
山地直樹(大17)
合沢康生(大18)
友清 直(大19)
古田正彦(大20)
菊池玄洋(大22)
松井 正(大23)
倉沢良典(大21) 

privacy policyuniversal accesslink listmembers onlycontact usget quick timemade on mac