ごあいさつ 学術たより 研究者派遣 学術振興会 我ら同窓生 本部同窓会 ブック紹介 会員ページ
学術たより
研究者派遣
学術振興会
我ら同窓生
本部同窓会
各種書類
逝去通知
クラス会たより
九州歯科大学
学生自治会
母校改築
会員ページ
マックページ

privacy policyuniversal accesslink listmembers onlycontact usget quick timemade on mac
41期生、卒後15周年で集う!
平成5年に卒業した私達41期生、卒後15年の同窓会を平成20年11月2日ステーションホテル小倉にて開催しました。開催の案内通知が遅くなった等の問題もありながら、約30人の出席がありました。
 卒後15年も経つと、全国で活躍する先生が沢山おり、その中で今回、大分で開業している松本晃治先生、九歯大形態機能再建学分野の准教授に着任した山下善弘先生にお願いし、懇親会前に研修会を開催しました。

松本晃治先生
『診査・診断治療計画を再考する。―マクロ的視点とミクロ的視点―』
山下善弘先生
『私と口腔外科  ―九州歯科大学における口腔癌治療―』
以上の題目で講演してもらい、最近マンネリ化していた私達の臨床に、今後の意欲や、ヒント等を教示して頂き、刺激となりました。
懇親会では、全国から集まった仲間と、仕事、家族、学生時代の事と話が尽きるなく、おいしい料理とビールがサクサクと消費されました。
予定していた時間もあっという間に過ぎ、その後は話し足り無い仲間と小倉の街に繰り出し、夜遅くまで宴は続きました。
5年後の再会を楽しみに解散となりました。
柴田和成

privacy policyuniversal accesslink listmembers onlycontact usget quick timemade on mac