九州歯科大学同窓会

九州歯科大学同窓会事務局 九州歯科大学同窓会
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1 / TEL:093-561-5077 / FAX:093-592-3632

第63回大阪歯科大学九州歯科大学ラグビー部定期戦

OB会だより

第63回大阪歯科大学九州歯科大学ラグビー部定期戦

 

  平成31年4月29日に九州歯科大学ラグビー部の春の恒例行事である大阪歯科大学との定期戦が北九州市立本城陸上競技場にて行われました。この定期戦は1年おきに小倉と大阪で交互に開催されており、今年で63回目を迎えます。

3月に卒業したばかりの私にとってはOBとして参加する初めての定期戦でしたので、当日は新鮮な気持ちで自宅を出ましたが生憎の雨。駅に向かう途中で自転車が転倒しあやうく定期戦に出られなくなるところでしたが、痛みをこらえて小倉へと向かいました。今回私の同期は残念ながら参加できなかったのですが、先輩方や後輩達の姿を見て、とても懐かしく嬉しい気持ちになりました。転倒した際に諦めずに立ち上がれたことが良かったと思います。

現役戦は13時キックオフ!!

1試合目は7人制、2試合目では朝日大学の参加により15人制を行うことができました。試合開始直後に我が九歯大がトライ、その後すぐにトライを決められるがまた得点するという手に汗握る一進一退の攻防が繰り広げられました。新たにプレーヤー4名マネージャー3名を迎え、これまで以上に活気にあふれた雰囲気の中、雨にも負けず試合は進んでいきます。結果としては1試合目は大阪歯科大学に敗北し、2試合目は大阪歯科大学・朝日大学混合チームに勝利しました。今年の3月までともに戦ってきた私としましては、4,5年生の活躍や2,3年生の成長を見ることができて嬉しく思うとともに、新チームが発足したばかりだとはいっても昨年のチームを超えるためにもっと一人一人の意識を向上させ、勝ちにこだわることも必要ではないかと感じました。今回の反省を今後の練習や試合に生かして、デンタル優勝に向かって気持ちを一つに頑張っていってほしいです。

続いてOB戦が14時にキックオフ!!現役の試合を観てOBにも熱が入り、白熱した試合内容となりました。

私は現役時代スタンドオフだったため、同ポジションの中家先生(36期)のプレーがとくに印象に残りました。プレーで周囲を引っ張り司令塔としての役割を果たすだけでなく、試合の展開をコントロールされている姿は、現役にいい刺激を与えてくださったと思います。

1番若手であるにも関わらず私はすぐにバテてしまい、他の先生方がはつらつとプレーされている姿を見て、私も精進しなければと感じています。結果は相手チームを0点に抑える快勝でした。

試合が終わり、例年通り小倉飯店にて交流会が開催されました。お足元が悪い中多くの先生方にお越しいただき、100名を超える大宴会となりました。はじめに九州歯科大学ラグビー部会長の中冨先生(29期)、大阪歯科大学ラグビー部会長の河津先生、朝日大学ラグビー部の都尾先生より挨拶を賜り、九州歯科大学ラグビー部山城先生(21期)による乾杯の音頭とともに大宴会が始まりました。試合の時の真剣な雰囲気とは打って変わって、3校のOB・学生が入り混じった大盛り上がりの楽しい会となりました。

新入部員による挨拶では1年生の初々しい姿を見て、私も自分が入部したときのことを懐かしく思い出しました。私が卒業して思うことですが、学生時代の思い出は一生の宝であり、ともに切磋琢磨してきた仲間はかけがえのない存在です。1年生にもこれからの6年間でたくさんのことを学び、部活を楽しんでほしいと思います。

野口先生(26期)による迫力満点の素晴らしいエールをきっていただいた後、全員で円陣を組んでラグビー小唄を歌い、結束を強くしたところで宴会はお開きとなりました。その後私は陣兵衛に顔をだし、ママさんと少しお話をすることができました。現役時代大変お世話になりましたので、これからも九州歯科大学ラグビー部を温かく見守っていてほしいと思います。

 初めてOBとして参加させていただいた私は、OBと現役とのつながりを強く感じました。今回ご都合が合わなかった先生方も次回は是非ご参加いただければ、現役にとって大変励みになると思います。私も今後このようなOB会には出来る限り参加させていただきたいと思っています。多くのOBの先生方とお会いできることを楽しみにしています。

67期 小見山 琢麻