九州歯科大学同窓会

九州歯科大学同窓会事務局 九州歯科大学同窓会
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1 / TEL:093-561-5077 / FAX:093-592-3632

令和元年福岡県同窓会小倉支部総会懇親会

都道府県だより

令和元年九州歯科大学福岡県同総会小倉支部

総会・懇親会開催される

 令和元年5月25日午後5時より、小倉飯店にて開催されました。総会は31名の出席者で、三浦彰支部長(大29)の挨拶の後、荒牧利裕先生(大34)が議長に選出され総会日程に従って進行されました。平成30年6月20日に逝去された塩田豊先生(県4)、7月8日に逝去された村上正先生(専18)と守永秀正先生(大19)、7月17日に逝去された平川幸七先生(大6)、7月28日に逝去された加藤喜陸(大12)のご冥福を祈って黙祷を捧げた後、新入会員の紹介がありました。駒形裕也先生(大62)、山路遙先生(大62)、高橋美保子先生(大50)の3名で、出席された高橋先生から新入会員のご挨拶をいただきました。

表彰者に対する感謝状は遠山敞夫先生(大16)、下川公一先生(大16)、権藤博先生(大17)、藤岡水城先生(大17)に送られ、出席された遠山先生から御礼の言葉をいただきました。

支部長の会務報告に次いで、内田和彦監事(大29)からの監査報告の後、議事に入りました。第4号議案の弔意規定案に関しては「今後会員の高齢化が進むことを勘案すれば、弔慰金の対象者を現行の『配偶者』と『両親』をなくして『本人のみ』にするなどの改正が必要ではないか」という提案がありました。第5号議案では、会費免除会員の増加に対しての対策の必要性に関して意見が出されました。また本部同窓会費が高すぎるのでは?という意見もあがり、短い総会の時間では議論できない難題が続きました。

役員改選では、続投の推薦があった三浦支部長が快諾され、監事は大木淳先生(大26)と続投で内田和彦監事が推薦で決まり、議事はすべて終了しました。

総会の後、写真撮影を行い、懇親会が行われました。

三浦支部長のご挨拶の後、来賓の紹介があり、代表して九州歯科大学福岡県同総会会長・本部同窓会副会長 山村芳郎様(大25)、九州歯科大学理事長・学長 西原達次様(大29)、小倉歯科医師会会長 榎本通典様のお三方よりご挨拶をいただき、九州歯科大学泉友会会長 鱒見進一様(大29)の乾杯のご発声で歓談のひと時が始まりました。また、本年度は本部同窓会専務理事 森章様(大35)、泉友会理事 吉野賢一様も来賓としてご出席下さいました。

お腹もひと段落つき、お酒も進みいたるところで話に花が咲き、本年度から懇親会司会を担当した原田依美理事(大50)の新入会員の紹介のアナウンスでは収拾がつかず三浦支部長が助け舟を出すほどの盛会でした。高橋先生から総会に続きご挨拶をいただき、ほどなくお楽しみ抽選会の時間になりました。計21本の豪華賞品に会場は大いに盛り上がりました。見事1等賞を引き当てたのは杉山正博先生(大8)でした。楽しい時間はあっという間で、松本克彦監事(大34)の渾身のエールの後、校歌斉唱し、森章先生の万歳三唱でお開きとなりました。

小倉支部新役員

 支部長       三浦 彰(大29)

 副支部長      浦田 保信(大31)

 理事(入会増強)  白濱 立二(大35)

 理事(学術)    平井 典和(大36)

 理事        河原 道晴(大40)

 理事(モニター) 二階堂 純子(大41)

理事         瓜生 和彦(大44)

理事(副会計)    荒牧 雅弘(大49)

理事         原田 依美(大50)

監事         大木 淳(大26)

監事         内田 和彦(大29)