九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

26年度生涯研修セミナー開催(講師:椎葉俊司先生)

椎葉セミナー報告

 7月13日、本学の生態機能学講座歯科侵襲制御学分野准教授、椎葉俊司先生による生涯研修セミナーが行われました。

歯科医師に必要な救命処置~安全な歯科医療の提供とその保障~と題して、午前中は講義、午後は実習を行いました。高血圧、糖尿病などの疾患を持った患者さんの歯科処置に関しての注意事項は理解をしているつもりですが、その方の年齢、服薬状況、などによっても違っており、また、術者側が勘違いしていることもあります。私たちが毎日行っている麻酔の処置や、薬の処方など、ついなんとなく行ってしまうことも、留意点をわかりやすくお話いただき、より安全に処置することができるように感じました。盛りだくさんの内容ながら、テンポよくお話いただき、また血糖値測定の実習を交えながら、午前中はあっという間に終了しました。

午後は実習室に場所を変えて、AED、人口呼吸、静脈路の確保、エピペンの実習などが行われました。AEDは箱を開ければ使用方法も書かれていて難しくないのでしょうけれど、実際に機器に触れて、試してみるという経験がなければ、いざという時には戸惑ってしまうのではないでしょうか。必要な時にしっかり使うためには1年に1回は練習をしていくことが望ましいと感じました。また、その他の器具、薬剤などもいつでも使用できるように日ごろから使用法を確認しておくことが大切と感じました。本日のセミナーは歯科の中で、最も基本となるものであり、患者さん、術者ともに安心して治療に向かうために必要不可欠なものばかりです。私たちの診療の中で救命処置が必要な状況にならないに越したことはありません。そのために知識を持っておくことは大切です。それよりも、患者さんとしっかりコミュニケーションを取って信頼関係を作っておくこと、そしてスタッフ教育しっかり行い、不用意な一言などを言わないようにすることが、安全な歯科医療の提供には大事です、という椎葉先生の言葉には重みがありました。椎葉先生、原野先生、はじめ医局のみなさん、お世話になりました。

 

                                    平井典和


PAGE TOP