九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

九州歯科医学会開催される

九州歯科医学大会
 去る平成25年10月19日(土)にここ鹿児島で第66回九州歯科医学大会が開催されました。この大会へ向け、鹿児島県同窓会では半年以上前から竹之下会長、鬼塚専務を中心に準備を進めて参りました。8年前の記録や記憶を紐解きながらの準備で、やや不安もありましたが、結果は予想以上のもので、出席者の先生方のご協力もあって大盛況、大成功でした。以下会場の様子をレポート致します。
夕方6時半からの開催にあたり、5時過ぎには役員一同集合し、竹之下会長の周りに円陣を組み最終的な打ち合わせと、「お・も・て・な・し」の精神を一人一人がもって取り組むように指示がありました。
 6時過ぎには各地から同窓生がぞくぞくと集まり会場はアッという間に満席となりました。浜島達郎副会長の開会の辞にはじまり竹之下伸一会長のユーモアあふれる「おもてなし」挨拶に会場は緊張もとれ、和やかな雰囲気となりました。続いて松延彰友本部同窓会会長、鱒見進一副学長から来賓挨拶を頂きました。お二人は大学の現状、これからの人材育成を中心としたビジョンについて語られました。そして来年大学創立100周年事業については、我々同窓会の一致団結、協力が不可欠である旨を熱く話されました。
 この後、各県同窓会会長の紹介、本部役員、来賓紹介に続き 加治木家島津家第13代島津義秀氏による薩摩琵琶弾奏が披露されました。合戦を表現する琵琶の響きが広い会場に響き渡りその音色の強弱により、まるで目の前でその風景が繰り広げらているような感動を覚えました。はじめて演奏を間近に見た県内県外の先生方も多く、大変好評でした。
 薩摩琵琶は「酒席」の場では演奏してはならないと言われているそうで、いよいよこれからが本番。松井澄夫先生の乾杯の挨拶を皮切りに、会場は、大いに盛り上がりました。特設焼酎コーナーも大変好評で、竹之下会長を中心に集めた幻の焼酎はあっという間に売り切れ続出という状態でした。
 途中、山本舜治先生を中心とされたバンド「ブルーグラス・トラベラーズ」による軽快な演奏が披露され、会場に花を添えたのもあって、先輩、後輩、同輩と昔に戻って笑顔で語り合い、握手や肩を組みながら酒を吞み交わすシーンが印象的でした。
 時期開催地である宮崎県からも多くの先生方がご参加下さり、宮崎県同窓会会長浪花 保先生からご挨拶を頂きました。楽しい時間はあっという間に流れ締めくくりは鹿児島県同窓会の若手のホープ茶圓卓郎先生による爆笑エールに続き、佐賀県の服部信一先生が音頭をとって下さり、宴会場が割れんばかりの校歌斉唱、永田和武先生による万歳三唱、桐原康夫副会長による閉会の辞により終了いたしました。しかし、鹿児島の「お・も・て・な・し」はこれで終わるはずはなく、2次会~6次会まで開催されたとのことでした。
 みなさん、来年は宮崎で会いましょう。開催県の宮崎の先生方よろしくお願いしますっ!
    文責 39期 山元吉和
 

PAGE TOP