九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

平成30年度学生交流会盛会に開催される

平成30年度学生交流会盛会に開催される

  平成30年7月4日(水)、歯学科同窓会主催による学生交流会が、今年も口腔保健学科同窓会(すいかずら会)、泉友会、学生自治会のご協力のもと開催されました。

講演会では、自治会長大場君の司会のもと、中家秀隆担当常務の開会の辞に続いて片山幹夫同窓会会長と泉友会会長鱒見進一教授、そして、すいかずら会待井専務にご挨拶いただきました。今年は「知って得するこれからの日米歯科事情~専門性を活かした歯科治療とは~」をテーマとし、衛生16期有松ひとみ先生には「歯科職種は何をすべきか」~ピンチをチャンスに~という演題で、地域包括ケアの時代における課題と展望についてご講演頂きました。次に歯学科OB大54期の濱田祐輔先生より「アメリカで歯科医師として活躍するには」という演題で、将来の自分自身の目標をしっかりと掲げ、その実現のためにどのように考え、行動していけばという示唆に富んだご講演頂きました。

どちらも高齢化社会、グローバル社会の現代に即した内容で、学生たちもとても興味深く聞き入っていました。

講演会後、学食に会場を移して懇親会が行われました。

今年は、口腔保健学科の交換留学生も参加し、大変賑やかな懇親会となりました。講師の先生方には途中何回もテーブル移動していただき、講演会だけでは聞けなかった話をしてもらい、懇親会の中盤での学生全員の席替えもあり、非常に盛り上がりのあるとても有意義な交流の場になったのではないかと思います。

懇親会に最後には、有田君による正しい校歌の歌い方のレクチャーをうけ、参加者全員が学食いっぱいに大きな円陣を組み声高らかに校歌斉唱を行い、大場君のエールで閉会となりました。       

                                 大50 井上裕美

鱒見進一副会長( 大29)
有松ひとみ先生(衛生16期)
濱田祐輔先生(大54期)

PAGE TOP