九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

平成30年2月18日同窓会主催関東地区連合会共催学術講演会

同窓会主催・関東地区連合会共催学術講演会

 

  平成30年2月18日(日)9:45より東京国際フォーラムG701 にて、「地域包括ケアシステムの構築へ向けて」 ―これからの歯科的知識・技術の修得についてのアドバイス― というテーマのもと同窓会主催・関東地区連合会共催学術講演会が開催され100名を超える参加者がありました。

米谷敬司学術担当理事の開会挨拶の後、主催者を代表して片山幹夫同窓会会長、白橋知幸地区連会長のご挨拶があり、来賓の西原達次学長のご挨拶がございました。

午前は「噛む」というテーマにて大分県開業河原英雄先生(大15期)がご講演され、

機能的な義歯を使用することによってQOLが改善した症例を多数紹介されました。

午後は座長の埼玉県開業深井穫博先生(大31期)が「地域包括ケアと歯科医療・口腔保健の近未来」というテーマにて基調講演され、続いて、九州歯科大学口腔保健・健康長寿推進センター大渡凡人教授(大31期)が「 超高齢社会で歯科医療従事者に必要な資質とはなにか、そして、それを実現するための卒前・卒後教育とはなにか」というテーマにて講演されました。

日本歯科医療管理学会会長白圡清司先生(大26期)は「地域包括ケアシステムの構築に向けて~かかりつけ歯科医機能を考える~」というテーマで講演され、大分県臼杵市のうすき石仏ねっとを紹介されました。

岩切美奈先生(口腔保健科1期)「地域包括ケアにおける歯科衛生士の果たす役割について」というテーマで、千葉県開業米谷敬司先生(大35)「地域歯科医師会と個人開業医の地域での関わり」というテーマでそれぞれ講演されました。

講演後に総合討論があり、謝辞および感謝状の贈呈が行われました。講演会終了後、地下のレストランにて懇親会を開催され大勢の参加者で賑わいました。

 

文責 戸坂 清二

 写真 島 秀樹・加藤友輔

PAGE TOP