九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

平成30年2月10日平成29年度大分県同窓会

平成29年度九州歯科大学大分県同窓会

 

モニター 原岡知徳(大40)

 

 平成30年2月10日(土)、トキハ会館にて九州歯科大学大分県同窓会総会・学術講演会・懇親会が開催されました。

 総会では、山本舜治先生から会長挨拶にて、昨年10月大分で開催された九地連において、九州各県からの同窓生を盛大にお迎えできたことに感謝の言葉がありました。また一昨年・昨年と災害が続き、被災された先生方への支援を続けることや、この3年間で新入会員が10名も増え、今後の若い先生方の活躍に期待していることを述べられました。そして来年度は東九州地区連合会の当番県として連絡協議会を開くこととなるため、同窓会会員へ協力のお願いがありました。

 来賓挨拶、報告事項の後、議題として上程された5本の議案は滞りなく可決承認されました。尚、第5号議案にて、大分歯科専門学校校長 福田仁一先生(大20期)が特別会員に推薦、承認されました。

 次に、本部広報担当常務理事の坪根悟郎先生より、財政の健全化とそれに伴う事業改革について本部報告がありました。財政の健全化では、旅費交通費の見直しや役員数の是正等で支出の削減を目指し、事業改革では、研修医、学生、女性会員に目を向けて会員増強を行う。またIT委員会を中心に、ウェブ会議の実現、会員名簿のデジタル化を行って経費削減につなげていく、とのお話がありました。

 続いて学術講演会では、九州歯科大学口腔内科学分野 吉岡泉教授が「安全で手際の良いこだわりの抜歯術」という演題で講演をされました。安全に手際よく抜歯するには、「手術の場をつくる」。そのために、①、術野を直視下におく。②、左手を使う・助手を教育する。③組織を愛護的に扱う。という内容について具体的に講義されました。また私達が学生時代に習った時と違って、下歯槽神経麻痺より舌神経麻痺に気を付けることや、ドライソケットは再掻爬しないこと、伝麻やゼックリアバーは危険なので使わないこと等を述べられました。

 懇親会では、主催の山本会長の挨拶に始まり、来賓の大分県歯科医師会脇田晴彦副会長、九州歯科大学同窓会坪根悟郎常務理事、福岡歯科大学大分県同窓会長尾威会長の祝辞の後、九州歯科大学同窓会松延彰友名誉会長の乾杯で祝宴となりました。恒例の白圡清司先生銘酒コーナーも大人気。これまた恒例の斎藤純先生率いるハワイアンバンド演奏も健在で、これぞ大分県同窓会、といった楽しい時間を過ごせました。最後は全員輪になって校歌斉唱、一宮久之先生(大50)のエール、福田仁一先生の万歳三唱で、盛況のうちに閉会となりました。


PAGE TOP