九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

平成29年12月17日(日)、第2回平成29年度P.G.S

歯髄を守る 生かす 活かす

歯髄保護/温存療法とパルプ・リバスクラゼーションのポイントと勘所

講師 諸富孝彦先生

  平成29年12月17日(日)、第2回平成29年度ポストグラデュエートセミナーが九州歯科大学にて開催され、午前中は、九州歯科大学口腔機能学講座口腔保存治療学分野の諸富孝彦先生にご講演いただきました。

講演内容は、歯髄保護の意義、重要性から始まり、歯髄を保護する方法、歯髄鎮静法、間接覆髄法、暫間的間接覆髄法(非侵襲性歯髄覆たく法)、直接覆髄法、部分断髄法のそれぞれについて、診断方法から術式、使用する薬剤、良好な経過を得るための留意点、患者様への説明内容の要点などについて、臨床症例を提示していただくとともに、エビデンスとなる数多くの論文データを提示していただきました。   

さらに、歯髄壊死した根未完成歯への対応法で、アペキシフィケーションに代わる治療法であるパルプ・リバスクラリゼーションについて、AAE(アメリカ歯内療法学会)の定義、ガイドラインを基に詳細にご教示していただきました。

歯髄保護の重要性や歯髄保護の方法について、基礎から臨床まで、豊富なデータを示していただき、どのように診断し、治療していくか、日常臨床で疑問に思っていたことが解消される講演でした。

 

                               (西田郁子)

(ゼロ)から見直す根尖病変

                            講師 倉富 覚、先生

 

 平成29年12月17日(日)、第2回平成29年度ポストグラデュエートセミナーが九州歯科大学にて開催され、午後からは、北九州市開業の倉富 覚、先生にご講演いただきました。

 根管治療は「歯科医の良心」であり、良い治療結果を得るためには、ぶれないコンセプトを持つことが大切であるという、先生の治療時の基本概念をお話しいただいた後、歯内療法時の5つのポイント、①診査・診断、②解剖学的形態の熟知、③根管拡大の基本概念、④根管のプレパレーション、⑤経過観察について、根治療を成功に導く要点をお話しいただきました。

 講演では、沢山の動画や臨床症例を提示していたでき、根管治療の基本をわかりやすく、ユーモアを交えてご教示頂きました。

 臨床では、ご自身が行った長期症例の経過観察の集積がエビデンスになり、病変を治癒に導くには、的確な診断、手技鍛錬、探究心、そして情熱が必要であるとお話しされていたように、先生の熱意が感じられた講演でした。                             

(西田郁子)


PAGE TOP