九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

平成30年4月1日学術講演会

こちらから申し込み出来ます
こちらから申し込み出来ます

振込先:西日本シティ銀行 室町支店 普通口座 0603301

   名義:九州歯科大学同窓会学術部 代表者 片山幹夫(カタヤマミキオ)

申込締切:平成30 年3 月26 日(月)必着

問い合わせ先

     〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2 丁目6 番1 号

     九州歯科大学同窓会事務局 TEL:093-561-5077 FAX:093-592-3632

     E-mail:kdu-jimu@kyushi-doso.jp

受講料の入金をもちまして正式な申し込みとさせていただきます。 尚、振込手数料はご負担いただきますようお願い致します。入金後の返金には応じかねますので、予めご了承下さい。

澤 田 則 宏

略歴

        昭和63年              東京医科歯科大学歯学部卒業

        平成4年        東京医科歯科大学大学院修了,歯学博士

        平成4年~平成7年     東京医科歯科大学歯学部付属病院 医員

        平成7年~平成12年     東京医科歯科大学歯科保存学第三講座 助手

        平成9年~平成10年    米国ペンシルベニア大学歯内療法学講座 留学

        平成12年~平成14年    東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科

                                 口腔機能再構築学系摂食機能保存学講座歯髄生物学分野 助手

                                        (大学院重点化による所属変更)

        平成14年~             新宿区四谷にて澤田デンタルオフィス開院

                                東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科

                                 口腔機能再構築学系摂食機能保存学講座歯髄生物学分野 非常勤講師

 

 

 

所属学会

        日本歯科保存学会 歯科保存専門医

        日本歯内療法学会 歯内療法専門医

        日本顕微鏡歯科学会 認定指導医

              American Association of Endodontists

 

 

 

主な著書

1.      エンドドンティックス21,                                        永末書店,2000

2.     エンドサージェリーのエッセンス ―アトラス・外科的歯内療法―,  クインテッセンス出版,2003

3.      マイクロスコープによる歯内療法 MI時代の歯内療法              クインテッセンス出版,2005

4.      誰でも治せる歯内療法 –歯内療法専門医が1から明かすテクニック   クインテッセンス出版,2007

5.      エンド難症例                                                    医歯薬出版,2009

6.    高齢者にやさしい歯冠修復・補綴処置                              日本歯科評論,2011

7.    日常臨床で必ず使える! 歯内療法克服の一手                       クインテッセンス出版,2013

8.      根尖病変 治癒へ向けた戦略を究める                              日本歯科評論,2013             

9.      トラブルを起こさない局所麻酔                                    医歯薬出版,2014

10.     歯内療法の器具・器材と臨床活用テクニック                        日本歯科評論,2015

11.     補綴装置および歯の延命のための最新治療指針                      医歯薬出版,2016

12.     抜髄 Initial treatment                                          日本歯科評論,2016

13.     歯内療法の三種の神器                                            デンタルダイヤモンド,2016

14.     これが決め手! マイクロスコープの臨床                          日本歯科評論,2017


 

関連する論文

 

1. 歯内治療における外科用実体顕微鏡の使用法 1.根管治療  2.外科的歯内治療

               日本歯科評論 No.678,171-178 1999, 日本歯科評論 No.679 149-157 1999

2. アメリカの歯内療法専門医事情

               歯界展望 別冊「New エンドドンティックス」203-208 1999

3. マイクロエンドとは何か

               the Quintessence 別冊「現代の根管治療の診断科学」 71-76 1999

4. ヒト上顎切歯根尖切断面における副根管の出現率 -手術用実体顕微鏡とメチレンブルーによる研究-

               日本臨床歯内療法学会雑誌 20(2) 84-86 1999

5. 拡大鏡と外科用実体顕微鏡

               The Journal of Dental Engineering 133 5-10 2000

6. 21世紀の歯内療法

               the Quintessence 20(1) 182-185 2001

7. マイクロエンドドンティクス ー21世紀の新しい歯内療法ー

               歯界展望 97(2) 331-339 2001

8. 根管治療の現況-2001年- [上] [下]

               日本歯科評論 61(7) 123-130 2001, 日本歯科評論 61(8) 109-116 2001

9. 歯科治療におけるマイクロスコープの使用法

               日本歯科評論 62(9) 46-56 2001

10. 歯冠修復後,CR処置後に痛みを訴えている

               Dental Diamond 増刊「チェアーサイドの主訴対応マニュアル」 26-29 2004

11. 歯根破折による痛みが疑われる

               Dental Diamond 増刊「チェアーサイドの主訴対応マニュアル」 30-33 2004

12. 外科的歯内療法による審美的アプローチ

               日本歯科評論 65(3) 111-118 2005

13. マイクロスコープを用いた歯内療法の現状と将来  

              the Quintessence 別冊「今日の歯科事情を考える」 70-78 2007

14. 前医が行ったファイル破折を発見したら

               日本歯科評論 69(12) 9-11 2009

15. 慢性根尖性歯周炎への対応   成功するための診断の山場[エンド編]

               the Quintessence 29(2) 3-7 2010

16. 最先端歯内療法

               日本補綴歯科学会誌 2(4) 218-225 2010

17. Ni-Tiファイルとステンレススチールファイルの使い分け

               日本歯科評論 71(2) 13-15 2011

18. 歯内療法専門医と共に取り組む保存治療 –治療と経営のクオリティを高めるために

               日本歯科評論 72(10) 81-102 2012

19. ここまでやろう!歯内療法 (連載)

               the Quintessence 31(2,4,6,8,10,12) 2012

20. マイクロスコープを使用した歯根尖切除法

               日本歯科評論 72(4) 51-60 2012

21. マイクロスコープを使用した外科的歯内療法  (総説)

               日本歯内療法学会誌 33(2) 75-86 2012

22. 歯内療法における局所麻酔のトラブルとその原因

               歯界展望 121(3) 412-416 2013

23. 根管治療の成功率

               日歯先技研会誌 19 81-84, 2013

24. ダイアペン・ダイアガンを用いた根管充填法

               Dental magazine 147 36-39,2013

25. Regenerative Endodonticsの現状

               歯科医療,28(3) 55-59,2014

26. 根管のネゴシエーション,穿通,グライドパスの重要性

               日本歯科評論 76(3) 59-66 2016

27. 日本におけるマイクロスコープを使用した歯内療法の現状と課題 -歯内療法専門医の立場から-

               日中医学 32(1) 19-23 2017

28. ネゴシエーションの新たな試み

               日本歯内療法学会誌 38(2) 107-113 2017

 

 

 

 

歯内療法を成功に導くコツと最前線の治療法

 

【講演抄録】

 九州歯科大学同窓会で講演をさせていただき4年が経過しようとしています.遅まきながら,世の中は歯内療法ブームとなりつつあるようです.エンド関係の本が多数出版され,エンドの講習会も数多く行われています.エンドの重要性が再認識されてきたということのようです.

 では,エンドが大きく変わったのでしょうか?確かに新しい器械や新しいファイルなどが発売されています.しかし,その原則の部分は変わっておりません.新しい器具を使わなくても,その原則さえ守っていれば歯内療法は成功するはずです.今回の講演では,もう一度基本に戻り,守らなければいけない原則をしっかり押さえてもらうようにお話致します.

基本に忠実な治療の中にも,最前線の情報を取り入れ,より効率よく確実な治療を我々歯内療法専門医は行っています.この最新の器具の特徴や使い方も講演ではお話致します.

卒後数年の先生からベテランの先生まで幅広い年代の先生方に分かりやすくお話しますので,是非この機会を逃さず講演会にご参加ください.翌日からの臨床に直結する内容です.

 


PAGE TOP