九州歯科大学同窓会

九州歯科大学同窓会事務局 九州歯科大学同窓会
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1 / TEL:093-561-5077 / FAX:093-592-3632 / mail :

42期生卒業25周年記念祝賀会&中村博幸先生教授就任祝賀会

クラス会だより

42期生卒業25周年記念祝賀会&中村博幸先生教授就任祝賀会のご報告

 

 我々42期生が母校を卒業して四半世紀が経ちました。そこで同期生が一堂に会し、大いに語りあう場として、 令和元年11月23日 土曜日16時より、小倉飯店にて記念祝賀会を開催いたしました。加えて、同窓会のわずか10日前に同期の中村 博幸先生が、琉球大学の歯科口腔外科教授に就任内定という大変嬉しい知らせが飛び込んでまいりました。急遽中村先生の講演が教授就任記念講演会となり、42期生全体の慶事として、同期生で喜びを分かち合うことができ大変幸せでした。

通常、どの学年も5年会は小倉以外の開催が多いようなのですが、「やっぱりみんな小倉が好き!」という結論に達し、今回も小倉開催となりました。おかげで当日は46名もの、懐かしい面々が小倉に集まり、挨拶もそこそこに再開を喜ぶ笑顔の花が咲きました。先ず、中村 博幸先生の教授就任記念講演では、「少子高齢化時代において歯科医に期待されていること」という演題で、歯科と認知症の関係で新しい知見をご紹介いただき、糖質の過剰摂取と認知症の関係といった非常に興味深いお話を伺うことができました。また、先生は希少疾患の低ホスファターゼ症のスクリーニングを歯科が担う重要性とそのシステム構築にも全国に先駆けてご尽力されてきたことがわかり感服いたしました。重藤 弘之先生による謝辞と中原 達郎先生による記念品贈呈(泡盛25年古酒)にてお祝いをいたしました。

 学年の長老?浜崎 修先生の乾杯のかけ声とともに、宴は始まり学生時代の懐かしい仲間と、昔話に花が咲き、来し方行く末を語り合っているうちにあっという間に時間が過ぎていきました。最後は恒例の福島 啓介先生のエールに円陣を組んでの校歌斉唱と万歳三唱をもって一次会は終了。二次会は、魚町銀天街のビストロダイニング和菜に場所を移して開催。魚町銀天街をそぞろ歩きしましたが皆「銀天街ってこんなに狭かったかなあ~?」「やっぱりここに来ると小倉のおかえり感ハンパない!」と感慨深げでした。やはり、話は尽きずそして三次会へと小倉の夜は更けていき、最後は丸和前ラーメンで〆。5年後の30周年記念祝賀会での再会を学年LINEの登録で誓い合い散会となりました。

 翌日は地元の高村和弘先生のご厚意にて、有志によるゴルフコンペが小倉カンツリーにて開催され、9名が参加。徐々に天気にも恵まれ和気あいあいとラウンド、橋本 謙二先生が優勝。同級生でプレーする楽しさを再認識させられ42期ゴルフ部も結成、初代キャプテンに渡辺 尚久先生が指名されました。改めて、九州歯科大学で42期の仲間と共に学んだことに感謝した日々でした。

最後に卒後25周年に際して永松奨学会へ42期生一同より寄付をさせていただきました。 

       安原 豊人