九州歯科大学同窓会

九州歯科大学同窓会事務局 九州歯科大学同窓会
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1 / TEL:093-561-5077 / FAX:093-592-3632

生涯研修セミナー 講師 細川隆司 教授 セミナー報告

学術だより

  令和2年1月25日(土)午後と26日(日)九州歯科大学同窓会主催のハンズオンセミナーを開催しました。講師に九州歯科大学 口腔再建リハビリテーション学分野教授 細川隆司先生(34期)を招聘し「インプラントロジー・アップデート 2―dayハンズオンコース」〜最新のインプラント治療、基本コンセプトを学ぶ2日間〜という演題でご講演していただきました。

いつもは大学で行われるこのセミナーを愛知県同窓会 山中一男先生(29期)を中心に本部同窓会副会長の丸子 裕美子先生(36期)専務理事の杉浦 隆先生(33期)、丸子 健二先生(30期)、柴田幸一郎先生(32期)田ヶ原昭弘先生(34期)などにご尽力いただき 愛知県で開催することができました。同講座、准教授正木 千尋先生、野代 知孝先生、山下 総太郎先生にも参加していただき、はるばる九州歯科大学同窓会本部からも小松 智成常務理事(39期)、津覇 雄三学術理事(46期)、森 章専務理事(35期)、青木 隆憲先生(37期)にもご参加していただきました。

 

愛知県同窓会の先生を中心に東海地区15名の先生に受講していただきました。ストローマンに協力をしていただき、講演、実習の大変内容の濃いセミナーでした。初日は細川教授の講演に始まり、模型を用いた通常埋入、一人一台パソコンを用いストローマンのシュミレーションソフトで実際のCT画像を用いた治療計画を体験させていただきました。

 

18時30分より東海地区連合会会長 小澤 晃先生(18期)にご挨拶していただき、名古屋名物手羽先で有名な 世界の山ちゃん錦店にて懇親会を行いました。九州歯科の先生は全員参加され東海地区の結束力を感じました。懇親会から村瀬 岳仁先生(35期)、

小森 真吾先生(27期)松原 成年先生(32期)にもご参加していただきました。

 

2日目は朝から講義、豚顎骨を用いたインプラント埋入、軟組織の取り扱いなど実習に始まり、午後からは上顎前歯部11欠損にフリーハンドで埋入を行った後に、同じ模型でガイドサージェリーを行いその有用性を実際に感じてもらうという大変興味深い実習をさせていただきました。

 

2日間、細川教授 正木准教授にご丁寧にわかりやすく教えていただきました。非常に多岐に渡る内容でしたが、受講生も質疑応答を活発に行い大変有意義な時間を過ごすことができました。