九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

平成29年3月17日福岡支部主催学術講演会

福岡支部主催学術講演会

 平成29年3月17日、福岡市歯科医師会館において、福岡県同窓会福岡支部主催の学術講演会が開催されました。講師には名古屋大学大学院医学系研究科予防医学分野の准教授でいらっしゃる内藤真理子先生(大39期)をお招きし、『健康情報の読み解き方―よりよい情報を集めて、上手に活用するー』という演題でご講演していただきました。

講演は、健康情報を読み解くために臨床疫学的視点の必要性、エビデンスレベルの分類、

エビデンスとナラティブの特徴、それに対する国や研究者の取り組みといった内容でした。

 

また、Take-home messageとして次のことを述べられていました。

 ・医療者は、健康情報の使用者と発信者の両者になり得る

 ・健康情報には、出所となる調査研究がある。

 ・健康情報を読み解くためには、臨床疫学的視点を養う必要がある。

 ・医療の意思決定において、情報を収集し、読み解くスキルは不可欠である。

 

 歯科医学は日々進歩し様々な治療法、マテリアルが改良・開発されています。隣の芝生が青くみえるように、時にはそれらが特別なもののように感じられ思わず飛びつきたくなることがあります。しかし、私たち医療者は臨床疫学的視点をもって情報を収集・吟味し、責任を持って医療行為の決定にあたらねばなりません。そしてその際はエビデンスばかりに捉われるのではなく、ナラティブも重要視する必要があると強く感じました。

                             大58期 原田勝也


PAGE TOP