九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

広島県同窓会 学術講演会・保険講習会・新年会

九州歯科大学広島県同窓会

学術講演会・保険講習会・新年会

 

   平成29年1月14日(土)広島市中区「世羅別館」において学術講演会、保険講習会が開催され、引き続き新年会が行われた。

学術講演会

 今年度の講師は我が九州歯科大学広島県同窓会会員杉岡英明氏(大34)と(株)クオリティ・アンド・バリュー代表熊倉百音子氏をお迎えし、「患者さんの心をつかむ デンタルコミュニケーションメソッド」と題して講演いただいた。「人は二人以上集まれば、そこには必ず対人関係・コミュニケーションが生まれます。質の高いコミュニケーションは相手も自分も心地よく、安心感を生み、やる気を促し、互いの関係性が活性化します。生産性や創造性といった部分でも効果があり、企業の現場では、こうした人の心理・感情面を応用したマネジメント方法が多く生まれています。ビジネス現場でも歯科医療の現場でも人の心理や感情は同じです。コミュニケーションとは言葉や思いのキャッチボールであり、安心してキャッチボールができる状態そのものをラポールといいます。ラポールが築けているときは『話を聴いてくれている、私を理解してくれている』と感じます。ラポールがない状態のときよりも何倍もの説得力をもって話ができるようになります。安心・安全の感覚を相手に感じてもらい、良好なコミュニケーションを成立させるために不可欠なもの、それがラポールなのです」と述べられた。実際の歯科医療現場において、患者さんが医療従事者に安心・安全を感じやすい距離・位置・姿勢、および患者さんとコミュニケーションをとりながら、ラポールを形成する方法をデモンストレーションを交えながら解説していただき、明日からの診療に直結した有意義な講演であった。

保険講習会

 学術講演会に続き、森本進県歯保険部常務理事(大35)による保険講習会が開催された。指導計画や施設基準について、また歯管算定時の留意点や混合歯列期の歯周検査算定時の注意点など詳しく解説して頂いた。

新年会

 午後6時30分より新年会が、田中信吾専務(大32)の司会のもと、辰川博副会長(大20)の開会の辞で始まった。横畑裕之会長(大27)より「昨年4月14日に熊本大地震が発生し、1週間後の定例理事会で対策を検討したところ義捐金を送ることになり、会員の皆様にお願いしたところ94万円もの義捐金が集まり、同窓会本部に送金致しました。皆様の温かい志に改めて感謝申し上げます。一方歯科界に於いては、広島県歯科医師会の次期会長に我が同窓会が推薦していた荒川信介会長が3期目の当選を果たされ、1月には新しい広島県歯科医師会館が完成しました。また、今年は来年5月に本県の担当で開催されます中地連の役員連絡協議会を開催します。来年に迫った中地連に対し万全な準備をして参りたいと思いますので、皆様の御協力の程をよろしくお願いします」と挨拶があった。来賓として本部同窓会より片山幹夫会長より挨拶をして頂き、続いて学術講演会講師の杉岡英明広島県同窓会理事(大34)、熊倉百音子クオリティーアンドバリュー代表より挨拶を頂いた。その後、表彰とお祝いが行われた。お祝い対象者は以下の通り。

◎表彰お祝い

旭日双光章 沖本 和夫(大15)

文部科学大臣表彰 鳥枝 信雄(大19)

◎長寿お祝い

傘寿  長尾 誠(大9) 新谷 睦之(大9) 梶井 正巳(大10)

古希  今田 愛子(大19) 勝島 健太郎(大19) 勝島 康次郎(大26) 

    高橋 眞也(大19) 辰川 博(大20) 伊藤 明冶(大20)

還暦  石嶋 誠司(大29) 木村 慶子(大30) 

◎開業お祝い

生長 洋次(大57) 土屋 崇文(大58)

引き続き、来賓として林正夫広島県議会議員より挨拶を頂いた後に、長尾誠顧問(大9)の乾杯の音頭で宴に入った。会は賑やかな中にも和やかに進み、ビンゴゲームでは豪華景品が引き渡され大いに盛り上がった。途中、荒川信介県歯会会長が駆けつけられ挨拶をして頂いた。いつまでも話は尽きなかったが、全員で肩を組んで恒例の校歌斉唱を土屋崇文氏(大58)の音頭で万歳三唱、倉田洋史理事(大51)によるエール披露の後、円林義一副会長(大23)の閉会の辞で終了した。
学術講演会
保険講習会
挨拶する横畑裕之会長
校歌斉唱

PAGE TOP