九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

陸上部平成28年11月19日(土)追い出しコンパ

九歯大陸上部、この一年間の主な出来事

 

九歯大陸上部の主な出来事を、まとめて掲載しました。

<新入生歓迎コンパ>

 平成28年6月11日(土)小倉リーガロイヤルホテルにて、本年度の新入生歓迎コンパが、陸上部部長の口腔病態病理学教授、松尾 拡先生及び、初代陸上部監督の岡村光信先生(大25期)ご出席のもと開催されました。

 今年の新入部員は、歯学科3名、口腔保健学科2名の計5名でした。今年も例年より開催時期が延びたため、デンタル壮行会の意味合いも込めて行われました。

 当日の後援会員の出席者は、福永恭紀先生(大32期)、金岡春孝(大35期)、長田竜哉先生(大37期)、田中純平先生(大58期)、松山篤志先生(大60期)以上5名でありました。

<オールデンタル陸上競技部門総合準優勝>

平成28年8月7日(日)横浜三ツ沢陸上競技場に於いて開催された、オールデンタルは、酷暑の中部員が全力を尽くして頑張った結果、表彰式では総合 1 位と発表され歓喜に沸いた。しかし、数日後に主管大学の集計ミスで、準優勝という訂正の連絡が伝えられたという、前代未聞の結末となった。

ただ今年も、本当に選手の活躍は素晴らしかった。特に、主将として全体をまとめてかつ200Mに優勝した西畑貴喜(4)の健闘は素晴らしかった。また、女子800mは、阿比留衣祝(3)と山根 薫(2)による金銀メダルという快挙を達成し、更に阿比留衣祝は3000mにも優勝し2冠に輝いた。更に、新人である出嶋香菜(1)の400M優勝と100M 2 位という大活躍もあった。そして、女子400Mリレー銅メダルも本当に頑張ったと思う。

 今年度は、会場が横浜であり、OB・ОGが集まるのは少々難しいと思われましたが、金岡春孝(大35期)、小田切宏樹先生(大60期)、庄司紋美衛生士(口保1)、森山美彩衛生士(口保2)の計4名が応援に駆けつけました。

以下、成績は

総合部門 第2位        トラック部門 第2位  フィールド部門 第4位

男子

4×400mR(服部、有田、難波、西畑)5位 3分55秒84

 

1位 西畑貴喜(4) 200M  23秒78 (+3.5)

2位 服部光毅(2) 400MH 63秒56

3位 服部光毅(2) 110MH  19秒05 (+1.4)

4位 益田修太郎(5)走高跳   1m55

    西畑貴喜(4) 100M   11秒43 (+1.5)

5位 時貞壮士(1) 400MH 66秒71

 

女子

4×100mR(沖田、出嶋、堀、島本)3位 54秒74

 

1位 出嶋香菜(1) 400M   64秒03

   阿比留衣祝(3) 800m  2分37秒74

   阿比留衣祝(3)3000m  11分45秒69

2位 出嶋香菜(1)  100M   13秒45 (+2.8)

   山根 薫(2)  800m  2分38秒42

   島本綾希(口保3)槍投げ  26m53

   堀 綾夏(4)  円盤投  20m99

3位 沖田 楓(口保2)走幅跳  4m70 (+1.9)

   沖田 楓(口保2)槍投げ  19m61

   堀綾夏(4)   走高跳  1m45

   堀綾夏(4)   砲丸投  7m76

5位 阿比留衣祝(3) 円盤投  16m73

   島本綾希(口保3)走高跳  1m40

6位 山根 薫(2)  砲丸投  6m20

<卒業生追い出しコンパ>

 平成28年11月19日(土)小倉リーガロイヤルホテルに於いて、本年度の追い出しコンパが行われました。

口腔病態病理学教授で陸上部部長の、松尾 拡先生のご出席のもと、本年は歯学科3名、口腔保健学科3名の計6名の卒業生を送り出す事となりました。

卒業生が一人ずつ、陸上部時代の思い出などをスピーチしたのち、今年も恒例になった、部長による国試に向けての喝を入れる儀式が行われた後、後援会から卒業記念品として、置時計が贈られると会場は大いに盛り上がりました。

尚ご出席の後援会員は、福永恭紀先生(大32期)、金岡春孝(大35期)、長田竜哉先生(大37期)、田中純平先生(大58期)、松山篤志先生(大60期)、志渡澤和奈先生(大61期)、島田寛之先生(大64期)、濱地智那望衛生士(口保3)の計8名でした。

最後に今年度現在の陸上部歴代最高記録を集計しましたので、ご覧ください。

                                      文責 大35期金岡春孝


PAGE TOP