九州歯科大学同窓会

九州歯科大学同窓会事務局 九州歯科大学同窓会
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1 / TEL:093-561-5077 / FAX:093-592-3632 / mail :

鹿児島県同窓会令和元年忘年学会・懇親会開催

都道府県だより

令和元年忘年学会、懇親会開催

 新たに鹿児島県同窓会モニターを拝命いたしました56期有川弥樹です。よろしくお願いします。令和元年12月21日(土)鹿児島市のホテルマイステイズ天文館にて令和最初の忘年学会・懇親会が開催されました。

 今回の忘年学会は、本学より共通基盤教育部門教授の吉野賢一先生をお招きして、「歯の話、脳の話」を演題に講演していただきました。「歯の話」では、生物学から見た歯についてお話いただき、歯の構造や機能にその動物の食性が反映されていること、その食性から生活様式を類推することができることをお話くださいました。歯科医師として若輩ながら歯の専門家と思っておりましたが、あくまで自分の知識、見方がヒトに限られており、視点を変えて物事を見ることの大切さに気付かされた次第です。

 「脳の話」では、感覚器官からの入力は脳で処理され、脳で感じていることをお話いただきました。痛く感じているのは歯ではなく脳であることは、臨床において忘れてはならないことだと痛感いたしました。ヒトにおいて脳・歯・食べることが密接に関係しており、「人は食べるために脳を進化させてきた」という先生のお言葉から、歯科医師としての自分の職責を改めて認識しました。

 そして懇親会、の前にまずはお祝いです。令和元年春の叙勲で、鶴丸高久先生(大15)が瑞宝双光章授章の栄に浴されました。長年学校歯科医として尽力された功労により授章されたものです。先生は今年開業50周年を迎えられ、エージシュート達成、先日行われた同窓会忘年ゴルフでは優勝されました。これからもますますご活躍頂き、我々後輩へご指導頂ければと思います。この度は誠におめでとうございました。

 懇親会では片山幹夫同窓会会長に、九歯大「元気プロジェクト」、そして同窓会100周年に向けた今後の同窓会活動についてのお話とご挨拶をいただき、片山会長と同期でいらっしゃる瀬口康隆先生(大17)の乾杯のご発声と同時に、先輩後輩入り混じっての席替え大会開始です。各テーブル大いに盛り上がり、楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。恒例の上田大介先生(大59)による力のこもったエールから全員で輪になっての校歌斉唱、そして最後は大山正博先生(大19)が万歳三唱の音頭をとってくださって閉会となりました。

(文責 有川弥樹 大56期)