九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

生涯研修 平成28年10月9日10日細川セミナー

 10月9日(土)10日(日)と2日に渡り、インプラントロジー・アップデートコース2−dayハンズオンコースが東京ストローマン会場にてとり行われました。まずは初日、様々な目的で開発されたインプラントシステムの歴史とその変遷について非常にわかりやすい解説がなされました。そして、最近の臨床エビデンス等を踏まえながらも、それぞれのインプラントシステムにおける考え方の違いや、実際の臨床上の注意点など興味深いお話を盛り沢山聞くことが出来ました。その後、CTシュミレーションを行い、模型を用いたストローマンインプラント(ティッシュレベル及びBLT)の埋入実習が行われました。ドリリング時に硬い皮質骨にだまされないよう補正するテクニックや、埋入深度のコントロール等、教科書には乗っていない様々な勘所を知ることが出来ました。又、九州歯科大学補綴科で行っている実際に行っている骨造成法や骨補填材の選択とその根拠、フラップデザインを活かしたより簡便な軟組織増生法などが、実際の症例写真等も交えながらの詳しい解説がなされました。そして、2日目は実際に豚の骨を用いた埋入自習が行われました。そして、再度模型を用いたガイドサージェリーによる埋入実習が行われ、受講生は前日のガイドを用いなかった場合との比較を実感することができました。また、気になるガイドサージェリーの利点欠点・アバットメントや補綴物の選択・CAD/CAMを用いた補綴治療・トラブルシューティング・最新のガイド制作法・最後医療との接点等、インプラント治療に関する見解とこれからの展望について多岐にわたるお話がなされました。初日の懇親会においては、38名の大所帯にて行われましたが、若い先生から年配の先生が入り乱れ活発な議論がなされ、時間がすぎるのも大変早く感じられ、トータルとして大変充実した2日間となりました。細川先生を始めアシストに来られた正木先生・近藤先生・柄先生が、最後まで受講生の質問に対し、丁寧かつ熱い対応をなされておられたのが印象的でした。本当にありがとうございました。


PAGE TOP