九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

平成28年9月24日東京都同窓会学術講演会

 平成28年9月24日(土)東京都同窓会第一回学術講演会が麹町白鵬研修センター(セミナールーム)において開催されました。
講師;安達 恵理子 先生 (歯科衛生士)
医療法人社団 秀飛会 上志津中央歯科
演題;「口腔からはじまるサクセスフルエイジング」
     —高齢化社会における今後の歯科衛生士の役割—
今年度の学術講演会は9月と翌年2月の2回開催する予定となっております。
第1回の今回は、会員の先生方々のためだけでは無く、東京に出てきている口腔保健学科卒の歯科衛生士や、医院に働く歯科衛生士やスタッフのためになる講演会の開催を目指しました。御参加頂いた皆さんは安達先生の講演を食い入る様に聞いておりました。特に歯科衛生士達の学ぼうという意欲は強く、積極的な質問が飛び交い、他の先生達もこの様な姿勢を見習わなくてはならないと感心するばかりでした。
講演終了後の安達先生を囲む親睦会には、衛生士も多く参加いただき、盛会のうちに散会となりました。
以下、参加頂いた品川東口歯科の大西愛美衛生士の講演会感想を載せさせて頂きます。
~口腔からはじまるサクセスフルエイジングの講義を聞いて~ 
品川東口歯科 大西愛美
今回の『嚼育』というテーマは普段仕事をするにあたり、あまり意識をしてこなかった分野でしたが、安達先生の講義を受講し、虫歯や歯周病と同じくらい、栄養について勉強することは衛生士にとって重要だと思いました。
低栄養になる恐れのある高齢者の方や、生活習慣病に注意すべき働き盛りの方々まで、歯科医院には様々な年代の方がいらっしゃいます。
しかも、栄養を摂取するには欠かせない口腔ケアをするために来院されるのですから、栄養指導の場として歯科医院はもってこいの場所です。
虫歯菌、歯周ポケットなどの小さい世界の話だけでなく、より興味の持ちやすい食事の話から患者さんの健康を一緒に考えていける衛生士になりたいと思いました。
衛生士は栄養の専門家ではありませんが、患者さんとの距離はとても近い職業です、
患者さんと楽しみながら口腔や全身の健康について考えていけたらより強い信頼関係を築くことができると思いました。
そして、私自身も健康的で元気に衛生士の仕事をしていきたいと思いました。

PAGE TOP