九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

2016福岡支部ウェルカムパーティー

  2016福岡支部ウェルカムパーティー

 

 平成28年度の福岡支部新入会員ウェルカムパーティーが暦では立秋の声を聞く8月を前にした7月26日(火)に中央区大名の「イル・コルティーレ」で開催された。暦では秋を目前にしているとはいえ、猛暑の中でのウェルカムパーティーであったにもかかわらず、参加者は総勢45名を数え、歴史ある九州歯科大学の同窓会であることを感じさせられた。ゲストに5名の新入会員と3名の未入会員を迎えて、洒落たイタリアレストランの雰囲気の中で、中富副支部長の開会の辞に続き、津田支部長、森本部常務理事の挨拶があり、中村前支部長の乾杯の発声で和やかに会が始まった。会も半ばにはパソコンのグラフィック機能を駆使したスライドショーによる新入会員の紹介や福岡支部の活動の紹介があり、新入会員・未入会員と現会員との双方向の小気味よい情報交換がなされ、かつての九州歯科大学関連の酒責めの宴会とは隔世の感があった。

 そもそも、welcomeの語源を紐解くとwilcuma(willa喜び + cuma来訪者 = 喜びをもたらす来訪者)とのことである。すなわち、welcome は喜びをもたらす来訪者という意味であり、ホストの立場で「ようこそ」と歓迎の意を表すというよりも、ゲストがホストに新しい価値感の喜びをもたらすと捉える方が本来の語源に近い解釈のようである。なるほど、どういたしましての意の「You are welcome」はこの語源の適用と考えると合点がいく。「ようこそ」の歓迎には良い意味ではゲストをもてなすという意味がある。しかし、見方を転じると相手を自分の意に沿わせるというニュアンスも見え隠れする。特にゲストが新人となれば、歓迎の意には白いカンバスに絵を描くように自分好みの色に染めようとする古参のホストの意図が多少なりとも働いて当然と、昔人の私には思える。しかし、welcomeの本来の意はゲストが主体となってホストが影響を受けて変化することであると考えれば、ウェルカムパーティーの真価はホストがゲストに如何に影響されて、何を獲得できたかで評価されると思われる。

 宮崎にある幸島の猿が海水で芋を洗うことは有名であるが、これを始めたのは一匹の子猿であり、親猿達はそれを真似することはなかったという。その子猿以降の世代がこれを真似て、やがて群れ全体に芋洗の習性が根付いたそうである。組織は時代の要請に応じて変化する必要があり、それができなければ時代から取り残される。時代に取り残されないためには我々は幸島の親猿になってはならない。ウェルカムパーティーを契機として、若い世代の発想や感性を果敢に取り入れて、柔軟に時の流れに適応できる同窓会の会員が私も含めて一人でも増えることを願ってやまない。

 最後に、参考までにウェルカムパーティーの今回の新人会員・未入会員の無記名のアンケート結果を下記にお示しするので、古参会員の皆さんの自己改革の参考にしていただければと思う。もちろん、無記名とはいえ暗黙のプレッシャーがあったことは否めないが、思いのほか肯定的な意見が多く、本パーティを企画・運営された先生方には何ものにも代えがたいねぎらいなのではないかと思われる。なお、アンケートは8名中1名が全てに未回答であり、問3には回答のあった7名中1名が未記入であった。また、問1には1名が2つを選択していたので選択肢が全部で8つ選択されていた。

 

問1 今回のウェルカムパーティーに参加した理由はどれですか。

① 同窓の先輩と知り合えるから                                                    62.5%

② 楽しそうな企画だったので                                                        12.5%

③ 先輩からの誘いで断り切れなかった                                            12.5%

④ とくに理由はない                                                                       0%

⑤ 同窓会の存在を知ったので                                                      12.5%

 

問2 今回のウェルカムパーティーで新しい出会いはありましたか。

① 有意義な出会いが沢山あった                                                    100%

② 有意義な出会いが少しだけあった                                                   0%

③ 出会いはあったが、自分にあまり役立ちそうになかった                       0%

④ 既に知っている人以外に新しい出会いはなかった                               0%

 

問3 今回のウェルカムパーティーは楽しかったですか。

① 大変楽しかった                                                                       83%

② 楽しかった                                                                             17%

③ つまらなかった                                                                         0%

④ 大変つまらなかった                                                                   0%

 

問4 来年のウェルカムパーティーには参加しますか。

① 必ず参加する                                                                      28.6%

② できる限り参加する                                                               71.4%

③ 今のところ参加するつもりはない                                                0%

④ 参加したくない                                                                         0%

 

問5 同窓会の活動はあなたにとってどのように感じられますか。

① 将来の人生を考えると頼もしい                                                  85.7%

② 現在の仕事を進める上で頼もしい                                              14.3%

③ 特別意識をしていない                                                               0%

④ 負担に感じる                                                                           0%

                                         

問6これからの同窓会の活動の活性化に何か新しい提案はありませんか。(自由記載)

・より上の先生方とはなかなか交流ができないので、何かしら会話の機会が与えられるとよいと思います。

・同窓会があるということが若手はよく分かっていないので、積極的な広報活動が必要だと思います。特に卒後数年はいろいろな県に移動すると思うので、同窓会に入らずにいる人が沢山いると思います。

 

大30 山下喜久


PAGE TOP