九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

平成28年7月2日第63回全国歯科大学同窓・校友会懇話会

[第63回全国歯科大学同窓・校友会懇話会および懇親会が開催]

平成28年7月2日第63回全国歯科大学同窓・校友会懇話会懇親会が開催されました。

 谷口副会長の開会の辞、村上会長挨拶の後、日本歯科医師会 堀憲郎会長、鹿児島県歯科医師会 森原久樹会長、鹿児島大学歯学部学部長 宮脇正一先生よりご挨拶をいただきました。

 続いて講演会に入り、地域医療を支える人材育成の問題点について医科側、歯科側から2名の先生にご講演をいただきました。

 まず始めに筑波大学医学医療系地域医療教育学教授 前野哲博先生が「地域医療を支える総合診療医の養成」というタイトルでお話をされました。来年度よりスタートする新専門医制度、「総合診療専門医」の役割についてわかりやすくお話いただきました。前野先生が目指される、病気を「治す」から「暮らしを支え健康を守る」医師を育成するという点は、今の歯科界にも共通する認識であり、これからの医学教育の道筋を示していただいたように感じました。

 続いて福岡歯科大学客員教授 病院長補佐であられます樋口勝規先生が「健康長寿社会に貢献する歯科医療人の育成〜多職種連携に立脚した地域包括医療にむけて〜」というタイトルでご講演されました。2001年からのモデルコアカリキュラムの確立や臨床実習の充実化(診療参加型実習、学外研修)についてその変遷をご解説いただき、後半は地域完結型医療の必要性について、いままでのピラミッド型の医療から連携する医療への転換が必要であることをお話いただきました。

 続いてシンポジストの先生方との討論に移り、鹿児島大学中山座長、東京医科歯科大学浅野先生、岡山大学高橋先生から医歯学教育についての現状、医療連携の問題点などについてのご質問をいただき、前野先生および樋口先生との活発なご討議となりました。

 講演会後は休憩をはさみ、各大学からの報告をいただきました。

報告大学:東京歯科大学同窓会、明海大学歯学部同窓会、日本歯科大学校友会、徳島大学歯学部同窓会、日本大学松戸歯学部同窓会、九州大学歯学部同窓会、北海道大学歯学部同窓会、朝日大学歯学部同窓会、大阪大学歯学部同窓会、福岡歯科大学同窓会、広島大学歯学部同窓会、長崎大学歯学部同窓会、新潟大学歯学部同窓会(敬称略)

 報告後、次々期当番校を徳島大学歯学部同窓会となることが決定、次期当番校である岡山大学同窓会会長千原敏裕先生より2017年10月21日ANAクラウンプラザホテル岡山にて開催予定であることをご報告いただきました。

 閉会は比地岡浩志副会長より閉会の辞、その後まだ夕日の照る中、市内を一望できるロイヤルガーデンに集合し写真撮影を行いました。

 懇親会は隣の会場にて18時30分より始まりました。懇話会に引き続き、川越専務の軽快な仕切りで会は順調に進行し、あっという間の閉会となりました。会の途中では、突然のご指名にも関わらず、福岡歯科大学鹿児島支部長要先生、鹿児島大学宮脇教授が会場の目を釘付けにする見事なマジックをご披露されました。県内から集めたプレミアム焼酎も一気に消費され、鹿児島の食文化を堪能いただけたかと思います。閉会の挨拶にて谷口副会長もかごんま弁を解禁し、会場の笑いを大いにさらっておりました。散会後は多くの大学が天文館へ繰り出し、とことん母校愛を深め合う一日となりました。

 翌日は国公立大学11校の同窓会による国公立大学歯学部同窓会連絡協議会が開催され、鹿児島大学大学院医歯学総合研究科歯科医学教育実践学分野教授 田口則宏先生にご講演をいただき、「これからの歯学教育の方向性」についてユーモアを交えてお話いただきました。鹿児島大学の特色を生かした臨床実習の実例を多くの大学の先生方に見ていただきました。

 協議事項では周年行事や名簿作成、同窓会会員費の納入率促進について、各校からアイデアをお話いただき、同窓会運営における具体的な実務の参考になるお話を聞くことができました。

 閉会後は天文館にて昼食会を行い、多くの先生に最後までご参加いただきました。

第63回全国歯科大学同窓・校友会懇話会配布資料はこちらから

国公立大学歯学部同窓会連絡協議会配布資料はこちらから


PAGE TOP