九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

平成28年度九州歯科大学岐阜県同窓会 総会 研修会

平成28年度九州歯科大学岐阜県同窓会 総会 研修会を開催

 

 平成28年6月11日(土)、岐阜市のホテル・グランベール岐山にて、九州歯科大学岐阜県同窓会の総会、研修会が行われた。当日は梅雨の晴れ間で気温30度近くまで上がる蒸し暑い日であった。涼しくなりだした午後6時前、総会出席のため、5階の会議室へと会員がぞくぞくと集まった。今回の総会には、通常とは異なり、同窓会本部より九州歯科大学同窓会会長の片山幹夫(大17)先生と同窓会専務理事の田中正孝(大28)先生、また東海地区より東海地区連合会会長の小澤晃(大18)先生と東海地区連合会名誉会長の池清輔(大9)先生を来賓としてお迎えして、多くの来賓の先生方のご参加を得て、行われることとなった。

 午後6時、尾野康夫(大30)岐阜県同窓会専務理事の進行のもと、総会は開催された。初めに、小川正弘(大29)岐阜県同窓会会長より挨拶があった。多くの来賓をお迎えして総会を執り行なえることを感謝する旨の話があった。次に片山幹夫同窓会会長より挨拶があり、同窓会本部に関すること、先生のお住まいの熊本においての地震のことなどのお話があった。来賓紹介の後、岐阜県歯科医師会副会長の松村康正(大27)先生を議長に選出し、平成28年度九州歯科大学同窓会の総会が行われた。議事として、①議案1 事業報告として、尾野専務より平成27年6月の平成27年度総会、7月の愛知県同窓会とのビアガーデンでの懇親会、1月の新年会、2月の東海地区連合会ボーリング大会についての内容報告などが行われた。 ②議案2 事業計画として、平成28年6月の総会、7月の静岡県浜松市で行われる東海地区総会および学術講演会、28年度中に行われる予定の親睦旅行、来年1月の新年会の予定の話が尾野専務よりあった。③議案3 会計報告は後程行われる予定となった。④議案4 熊本地震の九州歯科大学同窓会義援金について 個人からの義援金の依頼と岐阜県同窓会から30,000円を義援金とすることとなった。議案1~4において、出席会員全員の賛成を得た。この場において小川正弘岐阜県同窓会会長から片山幹夫同窓会会長へ義援金が手渡された。(写真)

報告事項として、岐阜県同窓会の会員現況(平成28年5月1日現在)として、会員35名(一般会員22名、勤務会員9名、長期疾病1名、75歳以上2名、家族夫婦会員1名)、友好会員として、九州大学歯学部の先生2名であることの報告があった。また同窓会の会員種別と会費の内訳の資料が配布された。会員からの会費入金がない場合、岐阜県同窓会の会計から本部会費、東海地区連合会会費が支出されており、皆会費の未納がないようにとのお願いがあった。また信田普崇(大51)IT推進委員より九歯マガジン登録の依頼があった。現在岐阜県は全国的にみる登録率は高いほうであるが、まだ登録されていない先生は登録してもらうようにお願いがあった。協議事項は無事終了し、閉会となった。

片山幹夫会長より、お住まいの熊本においての熊本地震の現状を先生自身が歩いて撮られた多くの写真をスライドで見せていただきながらお話を頂いた。痛々しい熊本城の姿や変わってしまった街の様子が会員の心に突き刺さった。

その後、研修会として予定していた、岐阜県歯科医師会参与・岐阜県同窓会副会長の勝峰雄(大29)先生より、28年度診療報酬改定についての講演があった。報酬改定の要点をわかりやすい資料で丁寧に説明していただいた。今回の改定はわかりにくいところが多く、ポイントを得た講演は会員に大変好評であった。講演会は大いに盛り上がったが、懇親会の時間も迫っており、閉会となった。

6階の懇親会会場にて、午後7時より岐阜県歯科医師会会長の阿部義和先生をお迎えして、懇親会は開会した。来賓挨拶、来賓紹介が行われ、お話を頂いた。乾杯の挨拶は、小倉から遥々来ていただいた田中正孝専務理事がされ、小川会長より今夜はどんな接待がよいかと聞かれ困惑していた話をされ、場は盛り上がった中、乾杯の音頭をとられた。その後は各自が様々の先生の元にお酒を注ぎに、話をしに、笑い声の絶えないいつもの懇親会の状態となった。藤井政也、真彩子両先生夫妻(大59)の長女陽菜ちゃん(5か月)も会の最初は一緒に参加され、とても年齢差のある会となった。陽菜ちゃんのかわいい笑顔には皆癒された。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、岐阜県同窓会副会長の柘植紳平(大29)先生が今回お世話になったコンパニオンの女性達の間に入り、中締めの挨拶された。校歌斉唱を前に星屋正彦(大41)先生のエールが行われた。(写真) 久しぶりに聞いたそのエールに皆元気をもらった。円陣になり肩を組んで、九州歯科大学の校歌を皆声高々に斉唱した。(写真)

会員皆楽しく良い時間を過ごすことができた。その後皆2次会に行くもの、各自夜の街に紛れていった。今年は岐阜県同窓会親睦旅行が行われる予定でありますので、多くの先生方のご参加を期待しています。       

(文:松本祐介)


PAGE TOP