九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

九歯大陸上部、この一年間の主な出来事

九歯大陸上部の一年間の主な出来事を、まとめて掲載しました。
<新入生歓迎コンパ>
 平成27年6月13日(土)小倉リーガロイヤルホテルにて、本年度の新入生歓迎コンパが、陸上部部長の口腔病態病理学教授、松尾 拡先生ご出席のもと開催されました。
 今年の新入部員は、歯学科3名、口腔保健学科2名の計5名でした。例年よりやや開催時期が延びたため、デンタル壮行会の意味合いも込められ、例年より多くОB・OGが駆けつけました。
当日、後援会員の出席者は、金岡春孝会長(大35期)、長田竜哉副会長(大37期)、田島寛先生(大43期)、平山(村野)綾先生(大59期)、松山篤志会計理事(大60期)、後田一帆先生、志渡澤和奈先生(大61期)、立和名浩明先生(大63期)、斎藤藍衛生士(口保2)以上9名でありました。

<オールデンタル陸上競技部門総合準優勝>
平成27年8月9日(日)東京都大井陸上競技場に於いて開催された、オールデンタルは、炎天下部員一丸となって頑張ったが、あと一歩のところで総合三連覇を逃し、総合準優勝という結果でした。しかし、フィールド部門においては見事三連覇を果たし、九歯大の意地を見せました。場所が東京であり、ОB・ОGが集まるのは少々厳しいかとも思われましたが、金岡春孝(大35期)、福島俊郎先生(大42期)、松山篤志監督(大60期)、斎藤藍、森山美彩衛生士(口保2期)の計5名の後援会員が応援に駆けつけました。
 また、学生時代は水泳部でしたが、現在、現役フルマラソンランナーの永井真友美先生(大35期)が、サプライズで現れて、当陸上部にも差し入れと、励ましの声をかけて頂きました。ありがとうございました。
 以下、入賞者は
男子  4×400mR (服部光記(2)八木光太郎(4)片山 将(6)西畑貴喜(3))   

    4位 3分43秒92
    

    4×100mR (服部 西畑 益田修太郎(4) 片山)  

    6位    47秒00
(個人)
 3位  服部    走幅跳 6m00  400mH 62秒03
      西畑    100M 11秒52(+0.2)  200Ⅿ 23秒40(+2.2)
 4位  島田寛之(6) 円盤投 24m18
      久代祐司 (2) 5000M 18分54秒02
 6位  益田    走高跳 1m50
 
女子  4×100mR(立石絢香(口保3)堀綾夏(2)太田百合子(4)島本綾希(口保2))  

    4位 57秒04
(個人)
 1位  堀       円盤投  21m43
      島本      槍投げ  29m60
 2位  堀       砲丸投   8m18
              走高跳  1m46
     西村 怜(2) 100M 14秒04 (-1.6)  走幅跳 4m83 (+0.5)
 3位  阿比留衣祝(2) 3000M 11分53秒22
     山根 薫(1) 800M    2分40秒99  
 4位  島本      走高跳   1m35
 5位  立石      円盤投   17m16
 6位  島本      200M 29秒77 (-1.9)
      沖田 楓(口保1) 砲丸投 6m45  槍投げ 17m09   走幅跳 4m42 (-1.4)

<卒業生追い出しコンパ>
平成27年12月5日(土)小倉リーガロイヤルホテルに於いて、本年度の追い出しコンパが行われました。
口腔病態病理学教授で、陸上部部長の松尾 拡先生、初代監督で陸上部を永年支援頂いている岡村光信先生(大25期)のご出席のもと、本年は、歯学科4名、口腔保健学科2名の計6名の卒業生を送り出す事になりました。
 卒業生が一人ずつ、陸上部時代の思い出などをスピーチしたのち、後援会から卒業記念品として、置時計が贈られ、今年も恒例となった部長による国試に向けての喝を入れる儀式が、厳か(?)に行われると会場は大いに盛り上がりました。
 尚ご出席の後援会員は、金岡春孝(大35期)、長田竜哉先生(大37期)、平山(村野)綾先生(大59期こ)、松山篤志先生(大60期)、後田一帆先生、志渡澤和奈先生(大61期)、田熊麗美、渕上祐子衛生士(口保1期)、斎藤藍衛生士(口保2期)の計9名でした。
 
最後に今年度末の陸上部歴代最高記録を集計しましたので、掲載しています。
 
                                         文責 35期金岡

PAGE TOP