九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

山口県同窓会下関支部総会

山口県同窓会下関支部総会の報告と金成先生非常勤講師就任記念講演会の告知

  平成27年11月28日(土)下関市のシーモールパレスで九州歯科大学山口県同窓会下関支部の学術研修会、総会、懇親会が開催されました。出席者は下関支部の会員のほか 歯科理工学の井上勝一郎先生、山口県同窓会からは会長の福永恭紀先生(大32)、副会長の藤井清一郎先生(大21)、専務の後藤正明(大33)が招待されました。下関支部は山口県の5支部の中でも一番と言っていいほど活動の盛んなところで、総会以外にも毎年の旅行をされています。学術研修会の講師は小松智成先生(大39 下関支部)がされていました。講演の演題は「クラウンブリッジにおける支台歯形成と印象採得」でした。小松先生独特の優しい口調ときれいなスライド、美しい歯肉に支えられた補綴物を感動して見せていただけました。小松先生は本学同窓会主催のポストグラディエートセミナーの講師を1月31日にされる予定です。学術講演会の後、総会があり金子茂先生(大39)の司会で支部長の本村正伸先生(大27)のご挨拶から始まり、つつがなく議題は審議され、懇親会へと続きました。懇親会は久保正辰先生(県6)の乾杯から始まり、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。中でも毎年恒例のビンゴゲームでは空くじなしで楽しめました。最初のビンゴが司会の大中孝文(大39)先生というハプニングもあり、御本人が、これは決して仕込みではありませんと弁解していました。最後までビンゴが出なかった津留尚美先生(大38)はこんなに空いてるのにまだなのという感想でした。その後三々五々に分かれて二次会三次会と下関の街に繰り出して行かれました。

山口県同窓会では年明けの1月23日()に金成雅彦先生(大39 中央支部)の本学の非常勤講師就任記念の学術研修会を開催する予定です。山口県歯科医師会館の3階で行います。今までの講演の内容を発展して,模型を使った実際のデモもしていただくことをお願いしました。ピエゾを使ったファイルの除去など非常に興味深い内容盛りだくさん用意しているみたいですのでぜひ多くの方々に集まっていただきたいと思います。

演題は『ピエゾを用いた日常臨床のレベルアップ戦略』~エンド、ペリオ、インプラントに至るまで~

抄録:ピエゾ機器というと外科処置のみのしかも生体に侵襲度の大きい手術を想像しがちであるが、エンド治療から繊細な治療手技を要求されるペリオ治療に至るまでその活用法が存在する。今回は、インプラント治療において安全でかつ有効なピエゾ機器を用いたオステオトームテクニックを模型を用いたデモンストレーションも含めて供覧させていただく。日頃の日常臨床のレベルアップに少しでも参考になれば幸いである。

山口市の後藤まで 問い合わせをお願いします。

                  33期 後藤正明

支部長あいさつの本村先生
学術講演の小松先生
総会司会の金子先生
総会での植田先生
歯科理工学の井上先生
監事の中島先生
1年間の同窓会活動を説明する福永会長
乾杯の音頭の久保先生
懇親会の様子
ビンゴゲーム司会の大中先生
ビンゴゲームは苦手?津留先生

PAGE TOP