九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

平成27年度P.G.S.清水清恵 先生,西田郁子先生

テーマ: MFTを応用した機能育成と成長発育を利用した咬合誘導

       —かかりつけ歯科医院だからこそできる取り組みー

講師   清水 清恵 先生

 11月8日(日)に平成27年度九州歯科大学同窓会主催の今年度初回となる、第1回ポストグラディエ-トセミナーが九州歯科大学にて行われました。講師は、東京都江戸川区開業の清水清恵先生です。先生は、“将来を見据えた子どもたちが本来あるべき口腔機能の獲得・保持”を目指し、自院にて口腔筋機能療法(MFT)を導入され、MFTに関しても多数執筆されています。先生は、矯正治療へのMFTの応用を軸に取り入れられていますが、同時に、子どもの口腔育成のため、MFTを良いお口作りのための体操として定期検診や日々の診療で歯磨き指導と同じようにご紹介しておられるそうです。

 セミナーでは、MFTの概要、目的、方法・構成、指導計画の立案、プログラム選択方法等、症例を交えながら詳細に説明されました。また、MFTは歴史を知るとおもしろい。とのことで、これまでの矯正歯科の変遷とともに話されました。その後、MFTの適応症状・年齢、また、数十種類あるトレーニング法についても写真・動画を多く使用されて、とてもわかりやすい、また充実した内容でした。  

 受講者の先生方からは、“今回初めてMFTの詳細を知りましたが、早速今後の診療に取り入れます”“もっとじっくり聞きたい”といった感想が聞かれました。

 先生の“口腔という道具を生涯、良い状態で使い続けて欲しい”とい言葉が印象的でした。清水先生、ありがとうございました。

             (濱嵜朋子)

テーマ: 小児期の歯科治療を考える

講師   西田 郁子 先生

 11月8日(日)に平成27年度九州歯科大学同窓会主催の今年度初回となる、第1回ポストグラディエ-トセミナー、午後の講師は九州歯科大学口腔機能発達学分野の西田郁子先生です。今回のセミナーでは、小児期の外傷歯への対応法と歯内療法とを中心に話されました。

 外傷歯への対応については、歯の外傷の受傷場所、受傷状況から、その特徴と注意点、診査法、分類から始まり、治療方針、治療方法、またその後の経過観察中の注意事項、早期喪失症例の対応まで多岐にわたったものでした。歯内療法については、特に幼若永久歯の処置について、根尖の状態、歯根形成過程、露髄した根未完成歯への対応についてベーシックなことから、最近のトピックスまで、先生の“子どもの場合は歯根を守って欲しい”という思いが伝わってくる内容でした。特に受講者の先生は“Pulp revascularization”に関して興味をもたれる先生方が多かったようです。

 先生の小児歯科医としての豊富な経験が多くの症例に示されており、一般歯科の先生からは、“日常頻繁な処置ではない小児治療について、確認や新しい治療法についての知識を深めることができた”との感想が寄せられ、小児歯科関連のセミナーの重要性についてもあらためて考える機会となりました。

西田先生、ありがとうございました。

             (濱嵜朋子)


PAGE TOP