九州歯科大学 同窓会

九州歯科大学同窓会事務局
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1
九州歯科大学同窓会
TEL:093-561-5077
FAX:093-592-3632

  • 都道府県だより
  • リーフの会
  • OB会だより
  • クラスだより
  • 会員ページ
  • 各種書類
  • 国際交流
  • 逝去通知

広島県同窓会平成27年新年会、学術講演会、保険講習会

九州歯科大学広島県同窓会

平成27年新年会、学術講演会、保険講習会

 1月10日(土)広島市中区「世羅別館」において学術講演会、保険講習会が開催され、引き続き新年会が行われた。

学術講演会

 今年度の講師は福岡市開業 岡村光信先生(大25)をお迎えし、「オールセラミッククラウンおよびブリッジの臨床応用 その部位別材料の適応」と題して講演いただいた。「近年の歯科領域におけるCAD/CAM技術の発展にはめざましいものがあり、現代の歯科補綴修復においては欠かすことのできない技術の一つとしてその位置を確立しつつある。さらに現代の貴金属の高騰により陶材焼付冠にかわる選択肢の一つとして、オールセラミック修復が歯科医師及び歯科技工士にとって非常に関心の高いものとなっている。一方接着歯学の発展は、現代の修復にとっては欠かせない問題でありオールセラミック修復をさらに発展させるものとなった。そして現在マーケットの中では様々なセラミックシステムが紹介され、われわれ臨床家は各種セラミックの材料の特徴および接着方法などをきちんと整理して使用する必要がある」と述べられた。

 各種接着システムおよびガラスセラミックまたはジルコニアセラミックの部位別適応症など失敗例をあげながら失敗しないための臨床応用のポイントを解説していただき、明日からの診療に直結した有意義な講演であった。

保険講習会

 学術講演会に続き森本進広島県歯科医師会保険部常務理事(大35)による保険講習会が開催された。最近の保険請求における留意点について詳しく解説していただいた。

新年会

 午後7時より新年会が開催された。今年は75名の出席で、来賓には林正夫県議会議長、荒川信介広島県歯科医師会会長、本部同窓会より本城孝浩常務理事(大40)、学術講演会講師の岡村光信先生(大25)をお迎えし盛大に行われた。

 田中信吾専務(大32)の司会のもと、円林義一副会長(大23)の開会の辞で始まった。横畑裕之会長(大27)が挨拶の中で、昨年5月に九州歯科大学創立百周年記念式典が挙行されたこと、昨年11月には広島県同窓会八十周年を迎えたことに対する御礼、最後に今年1月に行われる広島県歯科医師会会長予備選挙に際し会員の皆様の御協力を仰いだ。続いて本城孝浩常務理事より「九州歯科大学創立百周年基金」の創設についてお話をいただいた。その後、表彰お祝いと長寿のお祝い、新規開業お祝いの会員に、横畑会長より記念品の贈呈が行われた。

 続いて長尾誠顧問(大9)の乾杯の音頭で宴会が始まり、松本紀幸理事(大44)によるユニークな余興の後に恒例のビンゴゲームが行われ、会場は大いに盛り上がった。今年も勤務医の若手の方に多数参加してもらい、幅広い年齢層の中で膝を突き合わせていつまでも話は尽きなかったが、倉田洋史氏(大51)の音頭による校歌斉唱のあと、栗原靖之副会長(大18)の閉会の辞で終了となった。


PAGE TOP