九州歯科大学同窓会

九州歯科大学同窓会事務局 九州歯科大学同窓会
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1 / TEL:093-561-5077 / FAX:093-592-3632

東九州地区連合会学術講演会報告

都道府県だより

東九州地区連合会 学術講演会 報告

 

  令和元年8月24日、九州歯科大学同窓会主催の東九州地区連合会 学術講演会を大分県同窓会主催で執り行いました。

包括歯科臨床を実現するために(アナログとデジタルの両輪)というテーマで北九州市ご開業の筒井照子先生、筒井祐介先生にご講演いただきました。

照子先生には、咬合の理論についお話しいただきました。咬合とは生理学的咬合論と補綴学的咬合論とに分かれており別のものとして考えなければならない。診査、診断を十分行ったうえで態癖をよく観察することにより、患者側が理解でき利益を得られる治療法を見出すことができる。患者に寄り添うことで最大限の効果が発揮される、という概念を学ばせていただきました。祐介先生には、最新の口腔内スキャナーについてご講演いただきました。論文を交えながらエビデンスに則った内容でした。

特に、ラボコミュニケーションについて多くのことを学ばせていただきましたアナログからデジタルの時代に変わりつつある現在の歯科医療ですが、診断の正当性、整合性を理解しそのうえで最新の手段を使用していくというアナログとデジタルのコラボレーションを大切にしていきたいと思います。

照子先生、祐介先生にはお忙しいところ解かりやすくご講演いただき感謝しております。是非とも、また大分県同窓会でご講演お願いいたします。

 

  高橋喜巳