九州歯科大学同窓会

九州歯科大学同窓会事務局 九州歯科大学同窓会
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1 / TEL:093-561-5077 / FAX:093-592-3632

令和元年度関東地区連合会主催 研修医・学生との懇談会

都道府県だより

令和元年度 関東地区連合会主催

研修医・学生との懇談会

  令和元年8月18日(日)、東京は35℃を超す暑さの中、2年に一度行われております関東地区連合会主催の研修医・学生との懇談会がホテルグランドヒル市ヶ谷にて開催されました。当日は約20名の学生と5名の研修医、そして東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木各同窓会より約80名の先生方が集まりました。学長の西原達次先生、本部同窓会から片山幹夫会長、外山泉副会長、森章専務にもご出席いただきました。

戸坂清二専務の司会のもと、関東地区連合会会長の白橋知幸先生の「オールデンタル総合優勝おめでとうございます!」との挨拶で懇親会がはじまりました。その後、来賓の挨拶、各都県同窓会の特徴や紹介をそれぞれの同窓会会長が挨拶とともに行いました。

次に学生による大学生活の紹介、そして同窓会に対する質疑応答と続きます。

大学生活の紹介では、プロジェクターを使って現在の学校生活の様子が紹介され、関東人会があり60名ほどいること、1年生と4年生で進路について考えるキャンプがあることなどの話がありました。質疑応答では、あらかじめ用意された学生からの質問にOBが答えるという形式で行われました。学生のうちにしておいた方が良いこと、関東へ就職することのメリット・デメリット、いつ頃専門を決めるのがいいのかというものから、九歯大同士で結婚することについてのアドバイスまで、多岐にわたる質問にOBの先生がそれぞれの立場から真剣に答えていたのが印象的でした。

関東地区連合会副会長の小原真和先生の中締めの後、会場をホテル内の別の部屋に移し本当の意味での懇親会が始まります。関東地区連合会顧問の播磨利彦先生のご発声にて乾杯し、食事とお酒を楽しみながら緊張も解け、いろいろなところで学生とOBの先生方の笑顔の輪が広がりました。

懇親会も佳境を迎え、学生の冨松杏奈さんより謝辞が述べられ、最後は九歯大らしく大学64期の泉照之先生によるエールのあと、みんなで輪になり肩を組んで校歌斉唱を行いました。

関東地区連合会副会長の鶴屋誠人先生による閉会の挨拶にて令和元年度の研修医・学生との懇親会が幕を閉じました。お忙しい中準備をしていただいた、関東地区連合会学生・研修医担当理事の佐藤圭先生、学生代表の柴谷志歩さん、冨松杏奈さん、楽しいひとときをありがとうございました。