九州歯科大学同窓会

九州歯科大学同窓会事務局 九州歯科大学同窓会
〒803-8580 北九州市小倉北区真鶴2-6-1 / TEL:093-561-5077 / FAX:093-592-3632

令和元年度島根県同窓会 定時総会学術講演会慶事祝賀会式

都道府県だより

令和元年度 九州歯科大学島根県同窓会

定時総会・学術講演会・慶事祝賀会式報告

日 時:令和1年6月15日(土) 午後3時30分~

会 場:温泉津温泉 “輝雲荘”

                             九州歯科大学島根県同窓会

                          モニター理事;福間聖

 令和元年度九州歯科大学島根県同窓会、定時総会、学術講演会、慶事祝賀会が上記の日程で行われました。本部より片山幹夫会長、九州歯科大学より木尾哲朗教授をお招きし、県内からは17名の参加がありました。内容は以下の通りです。

 

<定時総会> 午後3時30分~午後4時30分 司会;榎本正美(大32) 専務理事

1.開会の辞                   田中政弘(大26) 副会長

2.挨  拶

(1)島根県同窓会長挨拶                植田博義(大24) 会長

(2)本部会長挨拶ならびに近況報告         片山幹夫(大17) 本部会長

3.議長選出                  落合研(大27) 総務理事

4.報告事項                  

(1)平成30年度会務、福祉関係、一般会計報告 榎本正美 専務理事、金岡春孝(大35)会計理事

(2)会計監査報告               古賀宏(大31)監事、平元芳哉(大34)監事

報告事項(1)(2)共に、全会一致で承認されました。

5.議事・協議

(1)令和2年度 島根県同窓会定時総会について

東部地区担当で令和2年6月20日開催予定、準備委員長は田中政弘先生に決まりました。

(2) その他 令和2年度定時総会学術講演会講師について

  鳥取大学医学部 感覚運動医学講座 口腔額顔面病態外科学分野

領家和男先生(大23期)を予定しております。

6.閉会の辞                  佐々木良二(大33) 副会長

 

<学術講演会>(午後4時30分~午後6時00分)(含 質疑応答)

   師  公立大学法人九州歯科大学

総合診療学分野教授 木尾哲朗 先生(大32) 

  演  題  『医療コミュニケーションと医療安全』

 座  長  近藤智義(大40) 学術理事 

 近年、生活環境の変化や高齢化による疾病構造の変化に伴い、医療の主体がキュアからケアへと変化してきました。また、個人の権利意識も変化し、患者の権利が明確となったことから我々医療者と患者との関係は大きく様変わりし、それに伴い医療の現場ではコミュニケーションの重要性が唱えられるようになりました。

 患者との間に生じるトラブルや医療事故の多くは、医療者-患者間のみならず医療者-医療者間のコミュニケーションエラーを減らすことで防げることが明らかになってきました。

 コミュニケーションには、言語的、準言語的、非言語的コミュニケーションがあり、相手には伝わっていないことが多く、最終的には、相互に理解しているかどうかが大切であると考えさせられる講演でした。

 

<記念写真撮影> 午後6時00分~          担当 福間聖 理事

福間聖が担当し、参加者全員で記念写真を撮影しました。

 

<慶事祝賀会ならびに懇親会> 午後7時30分より   司会 田中政弘 副会長

 

還暦;杉本哲司先生(大31) 景山隆治先生(大34) 福間聖(大31)

 

 午後7時30分からは還暦を迎えられた会員杉本哲司先生、景山隆治先生、 福間聖の慶事があり、出席頂いた杉本哲司先生がお礼の挨拶を述べられました。懇親会は田中政弘副会長の司会・進行により片山幹夫会長の乾杯で始まり和気藹々と時間の経つのも早く楽しいひと時でした。締めは金岡春孝先生のエールに続き、全員が肩を組み、九州歯科大学校歌を熱唱してお開きになりました。二次会は植田博義会長の部屋にて行い、さらに盛り上がりました。

 以上、令和元年度島根県同窓会定時総会報告をさせて頂きました。